DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

声優×昭和歌謡!大物作曲家(故人)が何故・・・? 2019/05/22頃発売のアニソンCD新譜

2019年05月19日 11:23 更新                  
カテゴリ: [アニソン情報]

     

今週のDAIMONZI PUSH DISC!

ネヴァーランド

 「ネヴァーランド」は昭和歌謡で成功した作詞家・売野雅勇のプロデュースで声優をイメージしたオリジナル曲集。参加声優は山寺宏一, 内田彩, 木村昴, 森川智之, 仲村宗悟, 野島健児, 田所あずさ。作曲家陣も馬飼野康二や筒美京平など大御所を揃えています。昭和歌謡と言いつつ、売野雅勇はアニメでも有名な曲を結構作詞してるんですよね。ガンダムの「めぐりあい」とか(井荻麟との連名)。で、どうしても理解できないことが一つ。その「めぐりあい」を歌っていた井上大輔が作曲となっている楽曲が2曲あるのですが・・・この方は19年も前に亡くなっているんですよね。一体どういうことなんでしょう。過去に作ってお蔵入りしていた曲を使わせてもらったのかな・・・?

 楽曲は流石に超キャッチー。個人的には内田彩の「それは、私じゃない」が格好よくて好み。内田彩にこういう曲を歌わせるんだ・・・と。ソロ活動での最新曲「Sign」も歌謡曲っぽい強烈なムードを持った曲でしたが、そこからのこの流れ。時期が近いので偶然だとは思いますが、大御所に「内田彩にもっと歌謡曲を歌わせたい」と思わせた可能性もありますね。

 正直、ここ数年の徳間ジャパンは、渡部優衣や飯田里穂のCDを聴いてもイマイチ感が拭えず、いい印象を持てずにいましたが、このCDは素晴らしい。単発の企画に終わらず、次を期待したいです。

続きを読む

最新記事