DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

JAM Projectとは


更新
カテゴリ: [アーティスト>JAM Project][アニソンデータ]
タグ: [プロフィール]

JAM Projectを知るなら

ライブDVDでしょう!これ見たらもう、来年は行くしかない!と思っちゃうのは大鋼だけ?

JAM Project JAPAN CIRCUIT 2007 Break Out
JAM Project 5周年記念LIVE KING GONG
JAM Project 4th LIVE VICTORY~a once in a lifetime chance~
JAM Project LIVE 震撼. Return to the Chaos.

メンバー

・影山ヒロノブ
・遠藤正明
・きただにひろし
・奥井雅美
・福山芳樹
・ヒカルド・クルーズ(不定期参加)
・松本梨香(2008年4月7日休止宣言)
・水木一郎(2002年8月非常勤宣言)
・さかもとえいぞう(2003年3月卒業)

デビュー

2000年7月26日発売
OVA「エクスドライバー」のOP「疾風になれ!」。

JAM Project考

水木一郎の「21世紀へ古き良きアニソン魂を残したい」という呼びかけにより結成。
ただ、JAM Projectの曲は断じて「古き良き」アニメソングではありません。
(アニメにふさわしい曲作りをしているのは確かですけど)
HR/HMをベースに、所謂"熱い"アニメソングを作っています。
その"熱さ"においては、世界的にも右に出る存在がどれだけいるでしょう。
ひょっとしたら、頂点に立っているかもしれませんね。

JAM Projectは作詞、作曲を自らの手で行っています。
メンバーの公式サイトの日記などを見ると、
メンバー各自が作ってきたものでコンペを行ったりしているのがわかります。
その結果か、影山作詞作曲の作品が多いですね。(最近はまっくん作も多いですけど)
そして、主に編曲を担当しているのが「裏JAM」河野陽吾、須藤賢一。
(この2人に影山ヒロノブ、栗山善親を加えた4人が「TRYFORCE」を組んでいます)
JAMのライブではそれぞれギター、キーボードを演奏しています。

スパロボの主題歌を中心に、重厚なサウンドが持ち味。
歌唱力抜群のパワフルなヴォーカリストがここまで揃っているので
世の多くのバンドにはとてもマネできないような要素を多く持っています。
最近はシンフォニックメタルに影響を受けたような曲も多いですが、
日本人のアーティストではなかなか聴けないものです。
アニメソングらしいアニメソングを提供できるというだけでなく、
そのパフォーマンスのクオリティと希少価値は極めて高いと考えます。

古:RISING FORCE[JAM Project]のレビュー、歌詞、カラオケ配信状況
新:マイナス・インフィニティ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/11

最新記事

Powered By 画RSS