DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

マジンガーZ[水木一郎]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況


更新
カテゴリ: [1970’s作品[1970’s作品>マジンガーZ][アーティスト>水木一郎]
タグ: [1972年] [ロボットソング] [作曲:渡辺宙明] [作詞:東文彦] [有名曲] [編曲:渡辺宙明]

収録CD

この3つのアルバムはいずれも名盤です。
「アニキ自身」は挿入歌などが収録されてませんが、
OP「マジンガーZ」については圧巻の18バリエーション!

マジンガーZ ETERNAL EDITION
スーパーヒーロー・クロニクル スーパーロボット主題歌・挿入歌大全集I-マジンガーZ・ゲッターロボ・グレートマジンガー・ゲッターロボG・宇宙円盤大戦争・鋼鉄ジーグ-
アニキ自身~30th Anniversary BEST~

背景

TVアニメ「マジンガーZ」オープニング・テーマ。

データ

歌手: 水木一郎
作詞: 東文彦
作曲: 渡辺宙明
編曲: 渡辺宙明

レビュー

ご存知、日本アニメーション史上に残る名曲。
アニソンを唄わせれば史上最強の水木一郎の出世作であり、代表作。
アニソンを作らせれば史上最強の渡辺宙明のアニメデビュー作であり、代表作。
そのアニメはロボットアニメの金字塔であり、
以後のロボットアニメの基礎を築いたといっていい名作、マジンガーZ。

「多くの日本人が知っている」数少ないアニメソング。
 (とは言え、最近の子供はスパロボでもやってないと、知らないよなぁ・・・)
 (大鋼も、曲の全容を知ったのは中学の頃やった「スパロボF」でした)
あの、ブラスがこっちに向かってくるようなインパクトの強いイントロ
アニメソングのイントロというのは、こうあるべき!と言わんばかりに、否応ナシに期待を煽られる!

解かりやすい歌詞と、「オォォォン!」「ゼェェェッ!」と、強烈な雄叫び
ただ、強烈とは言いますが、ハードロック的なシャウトと比べると
もちろんインパクトは薄いです。歌声として破壊されていない範疇での、地声のシャウト。
 (1度だけアニキのライブに行ったけど、生雄叫びの迫力は凄かったよ!)
甲高いシャウトの方がインパクトはあるけれど、アニキの雄叫びの方が強さは感じます。

とにかく、ブラス!トランペットとかの音です。
フレーズとフレーズのつなぎ目を格好よく埋めるブラスは、どこを聴いても惚れます。
 (ただ、宙明先生曰く、「ブラスの演奏が下手」らしいですけど(;´ー`))
あとは、マニアックなところを突くと、Aメロで聴こえるギター(シンセ?)の伴奏
パンチの効いたブラスやパーカッションの音が目立つ中で、
ひっそりと落ち着いた演奏をしているこいつが、すごくいい味を出している!
こういうのも、宙明サウンドのツボの一つとして忘れちゃいけませんね。

処方箋(個人差があります(´ー`))

聴き方次第で、熱血曲としても、落ち着いたレトロサウンドとしても味わえます。
頑張りたい時には、曲の方がおのずと貴方にマジンパワーをくれる。
くつろぎたい時にも、曲の方がおのずと平和の祈りとなってくれるでしょう。
この曲は、神にも悪魔にもなれる。そういう曲なんです。

どうでもいい余談

オープニングテーマとしては、まず「Zのテーマ」が作成されたそうなのですが、
これが没となったために、この曲を急遽作ったんだとか。
「Zのテーマ」も、マジンガーが疾走してる雰囲気の名曲ですが、
パンチの強さは、やはり断然「マジンガーZ」ですねぇ(´ー`)

本当にどうでもいい余談

こういう名曲については、もっともっとじっくりと書きたいですね。
いずれ、読んでてウンザリするような長さのレビューと言うか感想文を
「語り尽くし企画」みたいな感じでやってみましょうかねぇ(´ー`)

試聴

Neowing

歌詞

歌詞 - マジンガーZ - 水木一郎 - 歌ネット

カラオケ選曲No.(2007/10/15時点)

DAM: 2850-01
JOY: 5322
UGA: 6004-42(ロック、ボサノバ、フォーク、ファンク、Pアレンジもあり)

参考サイト

HERO BOX(宙明先生のインタビューを参考にさせて頂きました)

古:around the world[move]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況
新:ぼくらのマジンガーZ[水木一郎、コロムビアゆりかご会]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/44

最新記事

Powered By 画RSS