声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

sleeping terror[茅原実里]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況


更新
カテゴリ: [2000’s作品>2000’sノンタイアップ][2000’s作品[声優>茅原実里]
タグ: [2007年] [Contact] [ダーク] [作曲:菊田大介] [作詞:畑亜貴] [編曲:菊田大介]

収録CD

アルバム「Contact」収録曲です。シングルとかは出てません。

Contact
Contact
posted with amazlet at 11.02.07
茅原実里
Lantis(K)(M) (2007-10-24)
売り上げランキング: 15633

背景

アルバム「Contact」第7曲。

データ

歌手: 茅原実里
作詞: 畑 亜貴
作曲: 菊田大介
編曲: 菊田大介
ギター: 飯室 博
チェロ: 向井 航
コーラス: Kazco
プロデューサー: 斎藤滋(ランティス)

レビュー

「terror」とは恐怖。
畑亜貴らしい、難解で幻想的な歌詞になってます。
重なるコーラスと刻まれるリズムが、眠りの世界を感じさせます。
恐怖が眠りに誘うのか、眠りに入ることが恐怖なのか、眠りから醒めることが恐怖なのか。
それとも、眠りそのものが恐怖なのか・・・大鋼にはわからないのですが、
畑亜貴ワールドに入ってしまえば、"理解する"必要はないのでしょう。
その歌詞から、何を感じるのか。そこがポイント。

大鋼がこの曲に感じた恐怖があるとすれば、
「起こさぬように 泉の番人 永遠の鍵かけたよ」という歌詞です。
「永遠」という、一見聞こえのいい言葉は、
「もう2度と」というこれ以上ないネガティブな言葉になり得るからです。

現実は「忘却」だと言ってのける。
この曲は、夢の中へと引きこもる曲です。
「大人になる事をやめたい」なんていう"逃げ"の気持ちも
多くの人が、一度は抱いたことがあると思います。
「そいつぁ無理だ」と正論を言うのは簡単ですが、本人の中では、そんなに簡単じゃない。
不可能を可能にはできませんが、そういうムードに浸ることは無意味ではない。
ヒーローソング好きの大鋼とて、熱血とは対極に位置するこの曲を無視することはできない。

リンク

Lantis - アルバムクロスレビュー - sleeping terror

処方箋(個人差があります(´ー`))

現実逃避したい時。
誰にも会いたくない、社会と自分との間に壁をつくってしまいたい。
そう思ったなら、部屋の電気を消して、布団にこもってこれを聴きましょう。
効果なんて期待しなくていいです。現実的な思考は、一旦捨ててしまえ。

どうでもいい余談

大鋼が大嫌いだった「世にも奇妙な物語」のタモリは
"ストーリーテラー"でしたが、あれは"teller"ですよね。
・・・ええ、何を隠そう、ホラーとかミステリーとかダメなんですよ(´ー`)

試聴

.ANIME

歌詞

sleeping terror 茅原実里 - 歌詞タイム

カラオケ選曲No.(2011/02/08時点)

DAM: 未配信
JOY: 未配信
UGA: 未配信

古:Cynthia[茅原実里]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況
新:too late? not late...[茅原実里]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

最新記事