DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

ドロロンえん魔くん[中山千夏]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況


更新
カテゴリ: [1970’s作品[1970’s作品>ドロロンえん魔くん][アーティスト>中山千夏]
タグ: [1973年] [作曲:小林亜星] [作詞:中山千夏] [編曲:小杉仁三]

収録CD

妖怪ソングとして集めるか、永井豪作品として集めるかの2択ですね。
挿入歌とかは存在しませんし、この2枚のどちらかでコンプリートできます。

妖怪ソングセレクション お化けは死なない
DYNAMIC! THE BEST!!

背景

TVアニメ「ドロロンえん魔くん」OPテーマ。

データ

歌手: 中山千夏
作詞: 中山千夏
作曲: 小林亜星
編曲: 小杉仁三

レビュー

70年代前半、ノリにノッていた永井豪原作のアニメ。1973年の作品です。
(最近、貴公子炎魔なんてリメイク作品も出ましたね)
妖怪アニメの主題歌と言えば、まず思い浮かぶのは「ゲゲゲの鬼太郎」。
ドロドロとしていて、でもどこか陽気で・・・いかにも怪しい雰囲気。
この曲もそれに近いですが、鬼太郎よりは明るいですね。

まず、中山千夏の歌唱がいい味出してますね、これ。
「どろろん おどろん でろでろばあ」の「ばあ」が。
バックで鳴ってる「カラカラカラ・・・」という音とうまく重なっていて・・・
ここはついつい聴きたくなるところですね。
全体的に、すごくおどろおどろとした感じで唄っているのですが、
中山千夏の声自体がだいぶ陽気な声をしていて、暗くならない。
「日本は妖怪吹きだまり~♪」とか、一歩間違えれば結構怖い歌詞ですが、
むしろ、ちょっと笑えてくるのがこの曲の面白いところ。
これはダイナミックプロの作品らしい明るさですね。(´ー`)
 (暗いというか、グロい作品も多いですが)

70年代以前のサウンドにじっくり親しんでいないと
この曲に使われてる楽器がイマイチピンとこなかったりしますが、
ベースとドラムはベーシックですね。ブラスもこの曲の格好よさを一身で背負ってます。
・・・イントロで一番最初流れてる音が、曲の色んなところで使われているのですが、
この楽器なんなんだろう・・・(確か、鬼太郎とかでも使われていたような気が)

メロディーは小林亜星らしい、どこか暖かい、耳に馴染みやすい曲です。

ゆったりとした曲調ですが、上述の「カラカラカラ・・・」やブラスのために
意外と格好よく感じることができる曲です。
70年代のロボットソングとかが好きな人は、
永井豪つながりだと思って試しに聴いてみると、結構楽しめると思いますよ。(´ー`)

処方箋(個人差があります(´ー`))

精神的にまいってる時とか、こんな曲を聴いてみると意外に効くかも。
レトロサウンドで落ち着いて、こんな気楽な世界もあるもんだなぁ・・・と、
そう考えると、ちょっとは前向きになれるかも。
で、この70年代の音に慣れたら、次はマジンガーやゲッターに移行して
気合を入れましょう(´ー`)

どうでもいい余談

中山千夏の経歴がすごい。
歌手であり、女優であり、小説家であり、衆議院議員も経験し・・・
(「死刑をなくす会」の代表なんですね・・・)
声優としては、「ひょっこりひょうたん島」のハカセがデビューで、
「じゃりン子チエ」のチエの役もやってたんだとか。
あと、オンラインゲームにハマってるとか。
精力的な人だなぁ・・・と、つくづく思う。

もっとどうでもいい余談

マンガ版の「えん魔くん」。ロクに妖怪退治もしないで
カパエルと一緒にエッチなことばかりしていた・・・とか。(Wikipedia調べ)
やっぱ永井豪だよなぁ(笑)

歌詞

中山千夏/歌詞:ドロロンえん魔くん/うたまっぷ歌詞無料検索

試聴

Neowing

カラオケ選曲No.(2008/03/05時点)

DAM: 3278-01
JOY: 5329
UGA: 6003-71

古:ペガサス幻想[MAKE-UP]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況
新:妖怪にご用心[中山千夏]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/84

最新記事

Powered By 画RSS