DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

ミッドナイト・アニソン・ドライブ


更新
カテゴリ: [雑報]

前置き

GWということで、実家に帰省していました。
行き帰りの高速道路でアニソンを大音量で聴くのが楽しみなんだ、これが・・・

曲リスト

1. MASSIVE WONDERS(水樹奈々)
  魔法少女リリカルなのはStrikerS 2ndOP
2. Thunder Shot(桃井はるこ)
  アルバム「Sunday early morning」収録曲
3. 祭りの詩 -NON STOP!!!- SUN.ver(瀬戸燦(桃井はるこ))
  瀬戸の花嫁 挿入歌
4. LOVEさりげなく(中原小麦)
  魔法の天使クリーミィマミ 2ndED
  ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてZ 特典CDより。
5. ま・た・ね(中原小麦、桃井はるこ)
  ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてZ 特典CDより。
6. キューティーハニー(SALIA)
  キューティーハニーF OP
7. きっとVICTORY! -The Theme Of Cutie Honey-(堀江美都子)
  キューティーハニーF 挿入歌
8. プリキュア5、フル・スロットル GO!GO!(工藤真由、ぷりきゅあ5)
  Yes!プリキュア5go!go! OP
9. まかせて★スプラッシュ☆スター(うちやえゆか with Splash Stars)
  ふたりはプリキュアSPLASH☆STAR OP
10.輝け!!スーパーヒーロー(水木一郎、堀江美都子)
  スーパーヒーロー作戦 テーマソング
11.光速電神アルベガス(Mojo、こおろぎ'73)
  光速電神アルベガス OP
12.CROSS FIGHT!(水木一郎、堀江美都子)
  破邪大星ダンガイオー OP
13.トランスフォーマーV(茅弘二、森の木児童合唱団)
  戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーV OP
14.行け!ザンボット3(堀光一路、ザ・ブレッスン・フォー、ザ・チャープス)
  無敵超人ザンボット3 OP
15.マイナス・インフィニティ(大鋼 断)
  自主制作曲
16.多段ブレイブ(大鋼 断)
  自主制作曲
17.RANGER'S-LINK(DAIMONZI-X feat. 鏡音リン・レン)
  自主制作曲
18.制作中の新曲(???)
  自主制作曲
19.BLACK OUT(高橋涼介(子安武人))
  頭文字D 高橋涼介のキャラソン(ユーロビートの日本語カバー)
20.MAY BE TONIGHT(真子&沙雪(根谷美智子、かかずゆみ))
  頭文字D 真子&沙雪のキャラソン(ユーロビートの日本語カバー)
21.Impact BLUE(真子&沙雪(根谷美智子、かかずゆみ))
  頭文字D EXTRA STAGE 挿入歌(ユーロビートの日本語カバー)

・・・と、以上の曲をCDに詰め込んで、高速道路をセーフティ・ドライブ(爆)してました。
意図してないのですが、前半は全部少女アニメの曲、後半はド熱血一辺倒で、
最後にユーロビートの日本語カバー3曲ですが、これも受け付ける人は少ないだろうなぁ。
大鋼の偏屈な音楽趣味を理解するには充分なラインナップかと思います(´ー`)
なお、ドライブ用CDは、「他人に聴かせるCD」と「自分1人で聴くCD」を別に作ってます。
もちろん、これは後者のCDで(笑)

こんな音質だったのか!

現段階でのDAIMONZI-Xの最新曲は鏡音リン・レンの「RANGER'S-LINK」。
この曲は、大鋼自ら唄っている「マイナス・インフィニティ」「多段ブレイブ」よりも
はるかにいいデキで、いくら自画自賛してもしたりないくらいの曲だと思っていたのですが、
大音量のカーステレオで聴いて、愕然としてしまいました。

なんてキンキンしたサウンドなんだ!
こんなの聴いてたら、絶対耳悪くなるぞ!
しかも、ハモりのところはリンの声がほとんど聴こえない!

いずれは修正版を出そうと思います。
SONAR7の新プラグインでクリアなサウンドにしようと思った結果がこれか・・・
新曲公開前でよかったと思うべきなのでしょうか。

自画自賛

逆に、普段は自分で聴いてて恥ずかしくなってしまう「マイナス」と「多段」。
ニコニコで公開してないのも、わざわざ自サイト外で公開するようなクオリティではないと
考えているからです。YouTubeはモノラルなので論外ですけど。
 (まぁ、大鋼が唄っても誰も聴かんわな・・・というのもありますが)
・・・が、これらは車の中(大音量)だと化けるんですよね、何故か。
深夜の高速に映える映える。特に多段のイントロが生み出す音楽空間は
自画自賛したくなるデキ。こりゃ宇宙だよ!
 (ヴォーカルはヘタですし、テグザーリスペクトの間奏は痛々しいのですが)
・・・でも、今ヘッドホンで聴くと、やっぱり全然大したことがない。

ミッドナイト・アニソン・ドライブ

やっぱり、深夜の高速道路というのは、特別な空間だと思ってます。
宇宙的で、SF的。
普段は気にも留めない、速度メーターやらタコメーターやらが
何故か格好いいと感じてしまえる。
「高速道路では大音量で音楽聴こうぜ!」なんてことは、
ドライバーの安全を考慮すれば、声を大にして言えることではありません。
 (眠気防止の一方で、音楽に気がいくと、やっぱり事故の恐れはありますし)
それでも・・・メーター類が光る暗闇の中、ちょっと肌寒いくらいの温度、
広々とした走りやすい道路を普段よりも高スピードで突っ切る・・・
もう、アニソン聴くしかないじゃないか、って思うのは大鋼だけ?
お前が座っているのは「運転席」じゃない、「コクピット」だ!
軽自動車だろうが、スポーツカーだろうが、操っているのはメタルボディのマシーンだ!
パワフルで、ハイスピードで、デジタルなBGMが欲しいじゃないか!
とにかくカタカナが使いたくなる!
ああもう、何がなんだか(バカ)

古:桃井はるこリンク
新:「がくっぽいど」と「ぼかりす」と。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/95

最新記事

Powered By 画RSS