DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

クロスワード[水谷絵理(CV.花澤香菜)]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況


更新
カテゴリ: [2000’s作品[2000’s作品>THE iDOLM@STER][声優>花澤香菜]
タグ: [2009年] [ささやき] [デジタルポップ] [水谷絵理] [花澤病]

クロスワードとは

NDSゲーム『アイドルマスターDS』のアルバム
「THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01」収録曲。
君は、このささやきに耐えられるか。

データ

歌手: 水谷絵理(CV.花澤香菜)
作詞: 瀬良羽美
作曲: Funta7
編曲: Funta7
コーラス: uco
レーベル: コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日: 2009/10/14

レビュー

 フレンチ・ポップス。歌詞の中にフランス語を織り交ぜてます。ささやくようなか弱い歌い方から、ふとYMCKを思い出したのですが、これが所謂アキシブ系というジャンル?なのでしょうか。

 小洒落たムード。楽器からして、現代ポップスらしからぬチョイス。作曲はFunta7。今年書いたレビューでは、エクリップスの曲のいくつかの作詞から作曲、編曲までを担当していました。守備範囲広いですよね。こんな曲も作れるんだ・・・ちなみに、Funta3もFunta7も同じFuntaらしいです。

 絵理と言えば、元ひきこもりで、歌はおろか、最初は他人と満足に話すことすらできないキャラクター。それに対して、この曲の詞は挑発的。普段大人しいながらも、実は綿密な計算を基に動いたりする絵理ですが、作中での"アイドル・水谷絵理"のファンはおそらく、そんな一面を知る由も無い。
 そんなファン視点で聴くと、面白い。控えめなウィスパー・ボイスで繰り出される"小悪魔仕立てクロスワード"にハートを揺らされてしまえば、あなたの"紳士の顔"も限界に達することは間違いない。

 ちなみにこのCDの表題曲?は「プリコグ」ですが、あのジャケット画像はきっとこのクロスワードをイメージしてるんでしょうね。そういう表情してる。このCDを「ジャケ買い」した人がいたなら、きっとその人はこの曲に満足感を抱いてることだろうと思います(笑)

Amazonのレビューもどうぞ。

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 水谷絵理
水谷絵理(花澤香菜) 日高愛(戸松遥) 秋月涼(三瓶由布子)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2009-10-14)
売り上げランキング: 15950

どうでもいい余談

 本人・花澤香菜自身は、ああいうマイペースな人。この人が歌っているところを想像すると、また別の味わいがあるんだよな・・・

歌詞

歌詞 クロスワード 水谷絵理(花澤香菜) HMV-UtaTen

カラオケ選曲No.(2011/03/28時点)

DAM: 3341-50
JOY: 105178
UGA: 6156-91

古:Kissing a dream[今井麻美]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況
新:新VOCALOID「SF-A2 miki」が12月に発売するぞ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/220

最新記事

Powered By 画RSS