DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

北陸アニソンイベントのさきがけ!『アニソンJ-Circuit@KANAZAWA』開催決定!


更新
カテゴリ: [雑報]
タグ: [ライブ論]

お題

・参加アーティストについて。
・気になった点を質問してみた。
・地方でアニソンライブができる土壌ができてきた?
・日程が非常に危ない。
・ライブが盛んになるのは問題もあると思うけど・・・。

情報元(ソース)

SOLID VOX

参加アーティストについて。

【出演】影山ヒロノブ 遠藤正明 きただにひろし 奥井雅美 栗林みな実

 参加アーティストは影山ヒロノブらの所属事務所であるSOLID VOXの4人+奥井雅美。JAM Projectは福山芳樹以外の4人が参加。5250円というチケット代から考えて、もうちょっとアーティストを増やして欲しいとは思いますが、コンセプトは「北陸地方においてのアニソンイベントのさきがけとなるべく企画されたイベント」ですし、同じ地方都市でも、北九州のような都会ではないので、しょうがないのかな、という気もしてます。

気になったことを3点、質問してみた。

 北國芸術振興財団さんに、以下の3点を質問して、回答をいただきました。

1. 演奏はバンドの生演奏ではなくカラオケ。
 まぁ規模を考えれば当然ですかね。
2. 出演者は現状発表されているメンバーのみ。
 アーティストがこれ以上追加される予定はないとのこと。
3. 出演者は8/10、11両日とも同じメンバー。
 アーティストは両日とも出演するようです。

収容人数504人で参加アーティストは5人。やはり手探り感ありありですね。まぁカラオケライブと言っても、ホールで大音量で流れるとなると、かなりいい迫力です。

ようやく地方でアニソンライブができる土壌ができてきたのか。

 昨年から、東京、名古屋、大阪以外の都市でも複数のアニソン系アーティストによるライブが行われることが増えてきました。以下が代表的な例。

福岡:アニうた2009KITAKYUSHU(2009/2/21)
徳島:眉山山頂秋フェスタ×マチアソビ(2009/10/10-12)
熊本:アニソンファイヤーカウントダウン(2009/12/31)

 JAM Projectなどは、今年のライブツアーで広島や新潟など全国12箇所に行きますし、これまで都会に行く時間や軍資金がなく、ライブと無縁の生活を送るしかなかった人達にとって、よい風が確実に吹き始めていますね。金沢のアニソン系ライブというと、たしか数年前にモモーイが来たぐらいじゃないでしょうか。

 ただ、問題は日程。8/10,11は火曜と水曜。平日真っ只中です。開演は18:30。仕事を定時で切り上げて、急いで会場へ!・・・なんてことができる社会人は本当に近場に住んでる人だけでしょう。ちなみに会場の赤羽ホールは金沢の繁華街の真っ只中。車道は混雑する可能性が高いでしょう。有料駐車場の入り口をあらかじめ把握していかなければ、混乱することは必至。JR金沢駅からバスで向かう分には問題ないでしょうが・・・一言で北陸と言っても、特に福井の人にはかなり厳しいライブと言えるでしょう。JR金沢から福井に行ける終電は21:30。ライブを最後まで見ようと思うなら、車で行くしかありません。(富山なら、23:36が終電なので帰りは問題なさそうです)

 そんな悪条件で行われるライブ。赤羽ホールのキャパは504人。埋まるのかなぁ・・・一番怖いのは、このライブが集客面で失敗に終わり、2度と北陸でアニソンライブが行われなくなること。僕は何とか都合つけて参加したいと思ってますが、特に参加が容易な近場の学生たちは是非是非1度足を運んでみてほしいな、と思います。

 アニソン系アーティストがライブに熱を傾けることによって、"ライブで盛り上がれる曲"であることを重視するあまり、曲の在り様がアニメから離れていくのでは・・・という危惧は随分前から持っていますが、生で歌手が見れることが嬉しいのもまた事実。このメンバーなら、JAMの曲も各メンバーの代表曲も聴ける珍しいライブになるんじゃないでしょうか。

evolution ~for beloved one~ (Animelo Summer Live 2010テーマソング)
オムニバス
evolution (2010-06-23)
売り上げランキング: 304

古:平野綾にDEATH DEVILにヘタリア!その他大量発売の2010年6月23日頃のアニソンCD新譜
新:ガルデモのベスト盤「Keep The Beats!」にアイステに近藤佳奈子!2010年6月30日頃のアニソンCD新譜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/337

最新記事

Powered By 画RSS