DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想


更新
カテゴリ: [2010’s作品[アニメレビュー][2010’s作品>花咲くいろは]
タグ: [ポニーキャニオン] [制作:P.A.WORKS]

ネタバレ抜きの序論

ホビロン!

本編感想

 最初の菜子の緒花への印象が凄まじかったですね。トカゲとか・・・(爆)「あの人喋る時、視線そらさないし・・・声大きくて・・・ちょっと怖い」って、もう「あの人」って言ってるところから・・・それにしても気になるのは、こんな菜子とみんちは、一体どうやって打ち解けたんだろな・・・?

 「温泉仲居 ~泡まみれの新人研修~」と真顔で答える緒花(爆)原稿の中に、「技巧を知り尽くした先輩仲居」という文字があるのですが、次郎丸が緒花だけでなく、菜子のことも観察していて書いたのだとしたら・・・あれだ、巷で人気の処女厨発狂ってやつですか(爆)

 「この宿のことだけじゃなく、ぜんぶ・・・ちゃんと教えてあげますから・・・」

花咲くいろは第3話の妄想菜子

 「いっつも声でかいけど、こういう時もおっきいんだ」

花咲くいろは第3話の妄想みんち

 ヌルッと起き上がるみんち。

花咲くいろは第3話のヌルッと起き上がるみんち

 ともかく菜子無双な回でしたね。かっぱっぱ。タイトルこそ「ホビロン」でインパクト強かったですが、色々と視線をかっさらっていったのは菜子。胸とかダイビングとか声とか胸とか(爆)

 実は緒花を暖かい目で見ていた女将。いやまぁもちろん、悪い人だとは思ってませんでしたよ。旅館経営者としてどうなんだ、という話を第1話の感想では書きましたけど。

「ホビロン!」

ホビロン!

 ホビロンはベトナム語のようですね。フィリピン語ではバロットと言い、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵らしいです。うかつに検索したら、そのグロい写真が出てくるので注意(爆)ちょっとしたムゴい料理ですが、日本にも白魚の踊り食いとかありますしね・・・この辺、まどかマギカの11話と併せて見ると、ちょっと毎日の食事に葛藤を覚えてしまうかもしれない。まぁ・・・世の中、生きていくためには何かを食べるわけで、それも単に空腹を満たしたり、栄養を摂取するというだけに留まらず、美味な食事はモチベーションになるものですから、そこは割りきっていいと思いますよ。罪深さを感じる必要もない。罪なんて言葉は、人間が社会の秩序を守るために作った概念ですからね。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-07-20)
売り上げランキング: 59

古:『あの花』に『シュタゲ』に『日常』、そしてようやく『GOSICK』ED!2011年4月27日頃のアニソンCD新譜
新:花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」感想

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/481
メルクマール | 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 感想 (2011年4月26日 23:30)

ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。 続きを読む

最新記事

Powered By 画RSS