DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

花咲くいろは 第12話「じゃあな。」感想


更新
カテゴリ: [2010’s作品[アニメレビュー][2010’s作品>花咲くいろは]
タグ: [ポニーキャニオン] [制作:P.A.WORKS]

ネタバレ抜きの序論

「ぼんぼって」の響きばかりが気になってしまう・・・(いい意味で)

本編感想

 空気を読まない・・・というより、自分の世界を作って他人を巻き込んでいた緒花が、とうとう反省をした回でした。

「みんちは嫌じゃないかも・・・」とか、また余計なことを言いかける緒花。これも以前なら言い切っていたのかも。
花咲くいろは第12話のおやすみんち

真面目なシーンでも、こういう図をバシバシ入れてきますよね、このアニメ(爆)
花咲くいろは第12話の緒花と背後の波子

花咲くいろは第12話の波子  美人だなぁ・・・緒花を厳しく責め立てるのは、深層心理ではライバルに負けたくないってのが実際のところでしょうけど、大義名分は孝ちゃんのため。何かと真面目な人。

徹「さぁ、食えっ!」
花咲くいろは第12話の元気なみんち

徹「ほれ、食えっ!」
花咲くいろは第12話のみんち・・・

徹「米一粒残すなよ」
花咲くいろは第12話のゲンナリみんち

 今回、ギャグキャラな描写も多かったですが、緒花に対して心を許しつつも徹を好きであることは変わらない・・・という、おそらく一番複雑な感情を抱いているのがみんち。

緒花母のReyの宣伝タイム。
花咲くいろは第12話のReyを宣伝する緒花母

花咲くいろは第12話の緒花母アップ  この人、褒められた人間ではないですが、緒花に心を動かされるだけの人情は持っていたんですね。

 とにかく「ぼんぼる」という言葉が印象的な回でしたが、孝ちゃんとはこれで本当に終わり・・・?結局、一見反省しているように見える緒花ですが、結局ハッキリと自分の気持ちを伝えてはいなくて、今のままだと孝ちゃんは待ち続けるのでは・・・と心配になってしまうのですが。とりあえず腑に落ちないので、波子とくっつくにしても、再登場は希望。

オフィシャルガイドブックが7月22日に発売されるようです。

古:寿美菜子のブルーローズ!イカ娘と茅原実里の売り方の違いに注目。2011年7月6日頃のアニソンCD新譜
新:豊崎愛生コンサート暴力事件から考える、声優/アニソン系ライブ運営サイドへの3つの提言

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/512
最新アニメ・マンガ 情報局 | 「花咲くいろは」12話の感想 (2011年7月 9日 10:34)

「花咲くいろは」12話、観ました。緒花は、母親であり喜翆荘を貶める記事を書いたライターでもある皐月を誘拐して連れて帰ることを宣言。あっさり手を貸すと言う徹... 続きを読む

最新記事

Powered By 画RSS