DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

紗季から感じる昭和ヒロインのオーラ。夏色キセキ 第8話「ゆううつフォートリップス」感想


更新
カテゴリ: [アニメレビュー][2010’s作品>夏色キセキ]
タグ: [アニプレックス] [制作:サンライズ] [脚本:綾奈ゆにこ]

ネタバレ抜きの序論

BDでは真っ先に修正されるネタですよね・・・ここだけは作画云々以前の問題。

夏色キセキ8話の電話なのにメール着信・・・

本編感想

夏色キセキ8話の優香と3人
優香「ぜっこ~ぜっこ~絶好調~!!」
夏色キセキ8話の夏海と紗季を止めに入る優香
優香「夏海も紗季も絶好調〜!!」
夏海・紗季「えっ」

夏色キセキ8話の夏海 夏色キセキ8話の紗季 夏色キセキ8話の優香 夏色キセキ8話の凛子

 とにかく作画の粗さが気になった回だったので、とりあえず作画でいいなと思った、電車内でイヤホンをつけるシーン。紗季は相変わらず髪をかきあげる仕草が色っぽいのですが、優香も優香で、相変わらず何をやってもサマになる。そして何故かドヤ顔の夏海。

夏色キセキ8話の凛子2 夏色キセキ8話の凛子3 夏色キセキ8話の夏海、凛子、紗季 夏色キセキ8話の紗季と凛子

 ストーリーに深く影響を与えなかった凛子。それでもプレイヤーに曲を入れてくるところは豊崎愛生らしさ。前回までもそうですが、こういう声優の性格やエピソードを随所に入れ込んできて、それを見つける楽しみがあるのはこのアニメならではですね。ニャル子さんで多用されてるオマージュネタとはまた違った味わい。知らない人は知らないままで全く問題ないけど、スフィアファンは楽しめてしまう。

夏色キセキ8話の悪夢から覚める紗季 夏色キセキ8話の紗季2 夏色キセキ8話の紗季と号泣夏海

 「大人」であることが、いいことなのかそうでないのか・・・人によって考え方は違うと思いますが、僕的には夏海同様、紗季には妥協で大事な物を失って欲しくはないな、と思います。紗季が見た2度の夢が、今更ながらショッキングだったの、僕だけでしょうか。「もし方法があるのなら」下田に残る選択肢を捨てるにはまだ早いのかな、と確かに思ったわけです(無論、紗季にとって家族と暮らすことが一番の望みであれば別ですよ)。夏海の言ってることは自分の家族には何の相談もない独断ですから、褒められたものではありませんが、心意気は嫌いじゃない。

 それにしても、紗季からは80年代以前の美女のオーラを感じるんですよね。ボリュームのある金髪・・・例えば『ベルばら』のオスカルだとか『ゴーショーグン』のレミーだとか・・・今回のBパートラストシーンの様に風になびいたりすれば、『聖闘士星矢』的な美しさもある。この『夏色キセキ』という作品自体にレトロ要素がある(一番わかり易いのが挿入歌)のですが、その中で、熱血一本気な夏海と、クールだけど自分の意思を表に出せない弱さを持ったヒロイン・紗季の関係性もまた、そんな昭和らしさの一つと言えます。

今週の異次元

夏色キセキ8話の作画崩壊1 夏色キセキ8話の作画崩壊2 夏色キセキ8話の作画崩壊3 夏色キセキ8話の作画崩壊4

夏色キセキ8話の紗季父 夏色キセキ8話の紗季父(コメあり)

 まとめブログとかニコニコとかでは、とかくレインボーブリッジを眺めてる4人の顔がぷっくりしてる画がピックアップされてますが、これは正直マシな部類ですよね。個人的にはやっぱり紗季の親父さん(爆)なんか人生終わっちゃった感が半端じゃないというか、島で医者をするっていう夢を叶える人の顔じゃない(爆)

 ・・・とのことなので、BD購入予定の人は期待しときましょう(爆)

今週の花木優香

夏色キセキ8話の水着の臭いを嗅ぐ優香 夏色キセキ8話の東京タワーポーズ優香 夏色キセキ8話の紗季を押し倒す優香 夏色キセキ8話のライトを顔に当てる優香 夏色キセキ8話の足がつって溺れている優香 夏色キセキ8話の船酔いした優香

 残念な美少女を地で行ってるのは前回これでもかと言うくらい見せつけられましたが、「身勝手」であると同時に戸松遥の持つ「天真爛漫」さを継承しているのが優香で、今回はそれが存分に発揮されてました。東京タワーをバックにポーズをとったり、暗闇の中で顔にライト当てたり・・・まぁ天真爛漫というより一発ネタをやらなきゃ気が済まない性分とでも言いますか。僕が役者云々抜きにしても戸松遥を好きなのは、そんな個性が人事とは思えないからです。

今回の挿入歌「夏休み」の作詞作曲は吉田拓郎。歌は紗季のソロ。うん、昭和だ。オスカルやレミーとはまた違った昭和。

6/25にサントラが発売されますよー。
夏色キセキ オリジナルサウンドトラック

紗季の曲が気に入ったら、ぜひ高垣彩陽本人名義の曲も聴いてみてください。
月のなみだ(初回生産限定盤)(DVD付)

古:水樹奈々、やなぎなぎ、戦コレキャラソン他、2012/06/06頃のアニソンCD新譜
新:去年何かあったっけ?戸松遥が1年中主役級を獲得し続けている件について。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/682

最新記事

Powered By 画RSS