DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

2013年7月のアクセス解析


更新
カテゴリ: [雑報]

気まぐれでアクセス解析を公開してみます。
更新状況が思わしくないので、モチベーションへのテコ入れです(´ー`)
(最近オリコン記事と新曲リストばっかなので、気分転換も兼ねて。)

アクセス解析結果と雑感

2013年7月のアクセス解析
DAIMONZI-X 2013年7月のアクセス解析

 うちのサイトの場合、もう何年も「1日1000PVが月に何回かあればいい方」な感じで人が来てくれています。月間3万PV近くならまぁよし。あまり下回るようならテコ入れ考えないと・・・といった感じで考えていたのですが、よくよく考えると「いや、一体何年この調子で続けるんだよ」とも。やっぱり、惰性で書いた記事は自分で読んでてもつまらないですからね。

 色んな角度からアニソンの売上を見れたら・・・と思って始めたCD売上レースの連載ですが、個人的にはやや負担になってきていることもあり、うまいこと統廃合して短時間で濃い記事を書きたいんですけどね。データが載ってるだけなら2chのCD売上スレなんかもありますし、それこそYou大樹を購読してもらうのが一番。僕がDAIMONZI-Xでやりたいのはデータではなく話題の提供。そういう意味では、毎週わざわざ似たようなグラフを作る必要はないのかもしれません。・・・が、一番うまいやり方というのがなかなか頭の中でまとまらないんですよねぇ・・・。行き詰まり感を何とかしたいとは思っているのですが。

おまけ:2013年6月のアクセス解析
DAIMONZI-X 2013年6月のアクセス解析

大鋼 断が選ぶ7月のアニソン

PACHI PACHI PARTY(初回生産限定盤)(DVD付) 自由への進撃 (初回限定盤/CD+DVD) Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌)

 7月10日に発売したこの3枚。戸松遥についてはノンタイアップですし、元々歌唱力で惹きつけるタイプの歌手ではないので、ファン以外にアピールできるところは無いかな・・・それでも個人的にはMusicVideo込みで満足できました。

 『進撃の巨人』OPについては売上が物凄いことになっていますが、それに見合うだけのクオリティだと思います。この結果を見て業界の人達によく考えてもらいたいのは、確かに『進撃』は原作の時点でかなりの人気を持っていた作品ですが、アニメ化した後、世間に広く話題をもたらし、人気を決定づけたのはOPの楽曲と映像だ、ということ。これがバトルアニソンの「可能性」なんです。Linked Horizonがこの曲で示したことは、「イントロって大事だよね」だったり「異性向けアニメ全盛時代になっても、熱血は好まれるよね」だったり、まだまだ考えればいくらでも出てきますが、間違いなく大事なのは作詞・作曲の際に作品を再構成すること。現実にはない・・・偉大なるフィクションを楽曲化すれば、それは偉大なる名曲となる。日常には転がっていない・・・フィクション性こそがバトルアニメの強みです。

・・・こういうことを、なんでわざわざアクセス解析記事で書くかな自分(爆)

 もう1枚はRO-KYU-BU!。インパクトにおいては前作には及びませんが、日笠陽子の歌唱力を飛び道具として使っていたり、年少組二人を差し置いて花澤香菜が一番かわいい声で歌っていたり、色々と前作のイメージを壊してきているんですよね。それは悪い意味ではなく、おかげでちょくちょく聴いているのですが・・・ユニット内のパワーバランス、それでいいのか?と余計な心配をしてしまいますねぇ・・・

古:『Free!』キャラソンにLiSA、キタエリ、まめぐ他2013/08/07頃のアニソンCD/アニメBD
新:高垣彩陽の『シンフォギアG』ED、袴田ひなた他2013/08/14頃のアニソンCD/アニメBD

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/921

最新記事

Powered By 画RSS