DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

グラスリップ製作発表会に当選したよ!


更新
カテゴリ: [2010’s作品>グラスリップ][雑報]

5月25日!みくに文化未来館で会おう!

 いや、正直なところ、もし落選したらどうしようと思っていたところです。作品の存在が明らかになった時は、念願の(まともな)福井アニメ!念願のP.A.Works作品!と喜んだものですし、さらに福井で製作発表会が!ということで更に喜び倍増だったのです。・・・が、得てしてそういう場合、落選していたら・・・可愛さ余って憎さ百倍になっていた可能性は否定できないと思うんですよね。ただまぁ、運良く『グラスリップ』視聴者としては、今のところ最高の道を歩むことができていると思います。落選した人の分も楽しんできますし、レポートも書こうと思っています。

座席について

 みくに文化未来館は固定座席ではありません。なので座席表をぐぐっても何も出てきません。段差のない、まっ平らな空間にパイプ椅子が並ぶことになります。当選ハガキには入場番号が書かれていますが・・・A-0XXってのは最前列ということでよろしいか!?これは劇場版『花咲くいろは』の舞台挨拶で最前最右席・・・伊藤かな恵から最も近い位置に座ることができた幸運の再来では!しかしまぁ、下2桁があまり若い番号ではないので、今回も右端ですかねぇ・・・花いろの舞台挨拶では主役が舞台右(上手)にいましたけど、大体は左(下手)から司会、主役、脇役・・・という順がポピュラーなんじゃないでしょうか。主要キャスト末席の山下大輝付近になりそうかな・・・

キャストについて

 個人的な目玉は何と言っても早見沙織でしょうか。やなぎは髪色が明るく、「黒髪」にも「清楚」にもかすっていない、今まであまり演じてこなかったタイプのキャラクター。とは言え心配は不要でしょう。『TARI TARI』がそうだったように、何事も無く素晴らしいキャラに仕上げてくれるんじゃないでしょうか。今回も「罵倒」のオーラは感じますし(爆)。(今期では『マンアシ』の足須さんが特にハマり役だと思ってます)

 ちなみに『TARI TARI』声優では、一昨年の12月に偶然か必然か、同じ会場で行われた「FUKUIアニソンまつり」で瀬戸麻沙美が来てくれました。小夏に続いて紗羽・田中が福井に来ることになります。
参考:FUKUIアニソンまつり!(2012/12/22)レポート

 主演の深川芹亜は、つい先日、東映マネージメント→アクセルワンへの移籍が発表されました。ようするに、俳優事務所から、より声優の仕事を獲得しやすい声優事務所へということでしょうね。声優に進路を絞ったということですから、『グラスリップ』での主演を起点にブレイクして欲しいところです。
参考:お知らせです。|深川 芹亜のブログ

 種田梨沙は昨年からブレイクしていますが、実はまだ満足に出演作を見たことがありません。これを期に好きになれるといいなぁ・・・

 逢坂良太は『ヴァルヴレイヴ』『凪のあすから』でよく声を聴きました。改めて調べてみて『となりの怪物くん』のササヤンだったことに今更気づいて驚いています。かつてミンゴス・キタエリの事務所同然だったアーリーウイングも、いつの間にか逢坂良太と大坪由佳という男女のエースが育っていたんだなぁ・・・

アニメと福井

 ご当地アニメと言えば、最近では『Wake Up, Girls!』の地元民の描写が叩かれ、ちょっとした問題になっていましたが、『グラスリップ』には福井の土地や人間に一切遠慮すること無く、自由な作劇を期待しています。まぁ、『花咲くいろは』を見る限りでは『夏色キセキ』のような名所のアピールなどはほとんど無さそう。あくまで今回の話にしっくりくる舞台が福井県の三国だったというだけのことでしょう。

 製作委員会にも地元自治体は関与してないでしょうし、そもそも自治体は鯖江市のメガネブという酷い前例を見ちゃっているので「あぁもう好きにやってくれ」ぐらいにしか考えてないのでは、と邪推しています。でも、それでいいと思うんですよね。どのみち三国では、ぼんぼり祭りのようなことはできません。すぐ近くに芦原温泉がありますが、湯涌温泉と違って、アニメに温泉街再興を託さざるを得ない程追い詰められていません。そうでなくとも、うっかり二番煎じで架空の祭でも作ってみようものなら、大コケして「しょんぼり祭り」と揶揄される光景が目に浮かぶというもの。P.A.WORKS名物の「祭」は三国花火でしょう。PVに出てくるぐらいだから間違いない。

・・・まぁ、どれだけ予想してみてたところで、いい意味で予想を裏切ってくれるアニメスタジオだと思っています。まずは放送の前に5月25日!あと3週間が待ち遠しいです、本当。

関口可奈味 P.A.WORKS イラストレーションズ true tears×花咲くいろは×TARITARI ジョイントフェスティバル LIVE BD 初回限定生産盤 [Blu-ray]

古:クピドゥレビューとゲラゲラポー。2014/04/30頃発売のアニソンCD/アニメBD
新:petit miladyの1stアルバムは「ライオン」の再来だ!2014/05/07頃発売のアニソンCD/アニメBD

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/991

最新記事

Powered By 画RSS