DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

勝利のホット・ドッグ。2016年冬アニメ視聴録11週目(03/13〜03/19)


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

アニメリスト

  1. おそ松さん (2クール目) 22話
  2. アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 9話
  3. おしえて! ギャル子ちゃん 8話
  4. だがしかし 9話
  5. ブブキ・ブランキ 9話
  6. プリパラ 2nd season (4クール目) 86話
  7. 赤髪の白雪姫 2ndシーズン 21話

おそ松さん (2クール目) 22話

 トッティ・・・このキャラを好きになれないんだよな。オチはまぁ、六つ子の中で可能性がどうこう言っても結局そうだわなって感じでしたけど。ファイナルシェーは、くぎゅのキャラが既婚者ってのは吹いた(爆)

評価:☆☆

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 9話

アクティヴレイド9話の山吹凛2 アクティヴレイド9話の山吹凛(運転中) アクティヴレイド9話の山吹凛(装着) アクティヴレイド9話の山吹凛3

 ドック陥落。想像以上に小物だったなぁ・・・というか生徒会長バードかよ!見事にミスリードさせられてしまった。ダイハチに何か伝えようとしてたのは結局ルート探ってただけか・・・かと言って怪しいもう一方、稲城=善人と判断するには早いというか、ボスの惚れっぷりがフラグに思えてならんのよな・・・仕事に家族愛は持ち込まないけど異性愛は持ち込んじゃうボスがかわいい。

 プリマヴェーラ パンテーラの戦闘良かったなぁ。ウィルウェアの格闘戦らしい格闘戦って久しぶりじゃないですか?

 ちなみに、この感想書く前に既にBS日テレで10話を視聴しているわけですが、公式サイト見たら既に11話のネタバレくさくなってるじゃねぇか!そういう仕掛けやるんなら、放送/配信日統一してくれないとさ・・・東京・関西・愛知ローカルより全国で見れるBS日テレが最速ならまだ納得もいくんですけど。家庭によりけりとは言え。まぁ理想はネット配信も含めての同時配信。

評価:☆☆☆☆☆

おしえて! ギャル子ちゃん 8話

おしえて!ギャル子ちゃん8話のギャル子 おしえて!ギャル子ちゃん8話のギャル子(叫)

まさかのオープニングキャラ紹介が肉子とオカ子。ソニックミート・・・(;´Д`)

 思ったんですけど、ギャル子って将来大阪のおばちゃんみたいになりそうですよね。面倒見がいいのも、少し間違えると厚かましいになりますし。・・・そう思ったのは僕がワックス大嫌いだからなんですけど(爆)母親になったら息子に嫌われるタイプだな。それにしても、ギャル子姉は相変わらずハンパじゃないな・・・

 大人しい人間には結構しんどい絡みをする人間の多いクラス。まぁ多少失礼な人間相手の方が打ち解けやすかったりすることもあるんですけどね。そういや、オタ男は何だかんだでいつも3バカでつるんでるし、うまくやれてるんだよな。ボム男は再登場するのかな。

おしえて!ギャル子ちゃん8話のボム男母

 ボム男の母が種崎敦美。この作品ではモブ役で大車輪ですね。肉子役の木村珠莉が他所のアニメでやってるような立ち回り。春アニメでは『はいふり』と『なめこ』でレギュラー出演が決まってますし、今年は躍進の年になるといいな。

評価:☆☆☆

だがしかし 9話

だがしかし9話の枝垂ほたる だがしかし9話の枝垂ほたる(たまごアイス)

 わたパチいいですよね。なんか数少ない知ってる駄菓子があると妙に嬉しい。うんチョコは大ヒット商品とは言っても知らないのは仕方ないかな・・・新しそうですし。東日本限定のさくら大根は当然知らない。たまごアイスはどう呼んでたのか覚えてないなぁ・・・

 地域独特の駄菓子・・・福井県には無いかもなぁ。そもそも駄菓子屋自体うちの近くにはないからスーパーで買うしかない。駄菓子に限らなければ水ようかん、飲み物で言えば「ローヤルさわやか」なんかは地域に根づいてる感はあります。長らく消費量が全国一らしい油揚げは・・・ありふれすぎてて実感ないです。そんなに好きでもないし(爆)

評価:☆☆☆

ブブキ・ブランキ 9話

ブブキ・ブランキ9話のエピゾ・エヴァンス ブブキ・ブランキ9話のリュドミラ・アルセーニエヴナ・バラキレヴァ

 完全体・王舞、あんまり格好良くないな!(爆)まぁそれはそれとして、エピゾ、いいキャラだな・・・エピゾの心臓もいずれ復活するといいなぁ。というか、今回の東で動いたんならエピゾも動いてて良さそうなんですけども、何がダメなんだろう。

ブブキ・ブランキ9話の扇木乃亜

 木乃亜は今回は空気だったなぁ・・・柊と静流が活躍しているし、まだホエマルとかが完全回復してないってのもあるんでしょうけど。

ブブキ・ブランキ9話の一希東(涙) ブブキ・ブランキ9話の一希東(心臓叩き)

 東ってどうにも感情移入しづらいキャラ(大空翼とかキラ・ヤマトと似たタイプ)ですけど、OPで心臓叩くシーンは好きだったんですよね。本編でもやってくれたのは嬉しかったし、いいシーンだったと思います。そこに辿り着くまでがイマイチではあるにせよ。

あと、OPのCDの通常版のジャケットも今回のシーンが元ネタですよね。

TVアニメ「 ブブキ・ブランキ 」 オープニングテーマ「 Beat your Heart 」【通常盤】
鈴木このみ
メディアファクトリー (2016-01-27)
売り上げランキング: 9,436

評価:☆☆☆

プリパラ 2nd season (4クール目) 86話

プリパラ86話の緑風ふわり

 10人で歌うんかい!宇宙に行くのはプリリズを彷彿とさせるものの、まさかのレースアニメになるとは。あのレースは比喩で実際は踊り続けてますとかではないよな?

 努力とか天才とかの話は先週で片付いたと言うのか・・・今回は友情VS孤高の天才。まぁスタッフが努力が天才に勝つとは思ってないですよね。ある程度のところまではいけるぐらいにしか。その「ある程度」がゴールドフェアリーだった、と。ファイナルフェアリーは友情の結果でしょうし。今週が1年間の中でのクライマックスだったんだと思いますが、それにしては内容があまりにも薄かった。レース中に曲を流さなかったのも妙。

プリパラ86話の紫京院ひびき(笑顔)

 なんかかわいい。

プリパラ86話の紫京院ひびき

 ファルルに裏切られ?哀しそうな笑み。それにしてもこのコーデ似合わないなぁ(爆)

評価:☆☆

赤髪の白雪姫 2ndシーズン 21話

赤髪の白雪姫21話の木々 赤髪の白雪姫21話のトロウ

 オビ回であると同時に、軽めのギャグ回。信頼関係の話でもあるのですが、どことなくBL妄想を煽ろうとしているようにも思えてしまうあたりは少女漫画ですよね。作者にその気があったにせよ無かったにせよ、想像力のベクトルが女性的なんだろうな。

 オビを描きたかったというよりも、どちらかと言えば大きなエピソードの最中にはできなかった、キャラ毎の関係性や個性の掘り下げ・・・隙間を埋める作業をやりたかったんじゃないでしょうか。(一次だけど気分的には)二次創作的な感覚で。時間はあまり確保しなかったけれども、ミツヒデと木々、ミツヒデとオビ、木々と白雪が平時で絡んだら・・・ってのは、視聴者としても見てみたかったところ。

 今の水樹奈々って音楽活動でビッグになりすぎたせいか、キングレコード系アニメの主人公か、あるいはこういう作品のゲストぐらいでしか出番が無さそうな印象。ただ春からは『この美術部には問題がある!』でレギュラー出演っぽいですし、またアニメ声優の仕事も増やしてく可能性はありそう。音楽活動の方も紅白出演を逃したりして、話題性はもう以前ほどは無くなっていますし、彼女にとっては転換期なのかも。

赤髪の白雪姫21話の白雪

 白雪はあんまり出番無かったですけど、今回はしょうがないかな。次回はイザナが出てきますし、また色々あるでしょう。それにしても次回予告のイザナの喋り方がやたらカジュアルだったなぁ(爆)

評価:☆☆☆☆

まとめ

評価:☆
無し

評価:☆☆
・おそ松さん
・プリパラ 2nd season

評価:☆☆☆
・おしえて!ギャル子ちゃん
・だがしかし
・ブブキ・ブランキ

評価:☆☆☆☆
・赤髪の白雪姫 2ndシーズン

評価:☆☆☆☆☆
・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-

 先週は「中盤まっただ中」と書きましたが、冷静に考えればもう3月の半ば。あと2週で今期終わりですよ。巷じゃ『このすば』なんてもう終わっちゃったらしいですし。ニコニコの配信の遅さ故か、全然実感が無い・・・

 『ブブキ・ブランキ』と『プリパラ』は、大事なシーンの描き方が薄っぺらくなってしまった印象。特に後者は1年間の総決算、あるいはその一歩手前みたいなものですから、残念だなぁ・・・と。一方、先週素晴らしいクライマックスを描き切った『赤髪の白雪姫』は今週は悠々とキャラの掘り下げ。『アクティヴレイド』は敵の最弱ボス陥落。ここから怒涛の展開になりそう。そこは実績ある監督ですし、期待してもよさそうかな(過去作見たことないですけど)。

 『ギャル子ちゃん』は今回は☆3つ。そういや先週は伏線張らなかったんだなぁ。『だがしかし』はココノツとサヤ師が揃わないとイマイチなのかなぁ・・・と思ったり。駄菓子よりそっちを楽しんでいる感はあります。

CHARACTER OF THE WEEK

山吹凛(倉田雅世)

アクティヴレイド9話の山吹凛 アクティヴレイド9話の山吹凛(ホットドッグ)

 我らのボス。ドックが凍った後にホットドッグとは(爆)稲城は相変わらず怪しいですが、隠れた本性があるかどうかはまだ読めない。ボスが哀しい思いをするのは見たくないけれども、でも今後ボスと稲城とが対峙するシーンがあったりしたら滅茶苦茶痺れる展開になるのは間違いなさそう。

「アクティヴレイド-機動強襲室第八係」オリジナルサウンドトラック
中川幸太郎 相坂優歌
FlyingDog (2016-03-23)
売り上げランキング: 1,884

古:ギャル子ちゃんOP、豊崎愛生3rdアルバム、アクティヴレイドBD1巻他、2016/03/23頃発売のアニソンCD新譜
新:サイトの今後の方針についてとグダグダ趣味語り。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1134

最新記事

Powered By 画RSS