DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

復活の村中と、初勝利と、絵になる男・原樹理。スワローズ応燕録2016[3/29-4/3]


更新
カテゴリ: [スワローズ]

先週は大体こんな感じ

  1. 村中の復活が嬉しすぎる
  2. 初勝利!
  3. 中村の打撃が上向きに!
  4. 早く戻ってこいビッキー。・゚・(ノД`)・゚・。
  5. 栄光と転落・・・鵜久森の濃密な1週間
  6. 敵ながらマテオお疲れさん
  7. 小川エースらしい完投!
  8. 原樹理、負けて絵になる男・・・
  9. 秋吉に復活の兆し
  10. 竹下、いまだ防御率0.00

3/29 VSタイガース ●2-6

投手投球回失点(自責点)
●館山5回5(5)
村中1回2/31(1)
秋吉0回1/30(0)
オンドルセク1回0(0)
久古1回0(0)
古野1回0(0)

 おかえり、村中!変化球がいいなと思って見ているうちに、140キロ後半のストレートがバンバン出だして、もうこれを見れただけで今日は満足できた気がします。イニング跨ぐと失点したこともあり、敗戦処理より接戦でも1イニングを任せていいんじゃないかなぁ。ペレスがインフルエンザでダウンしていることもありますし。まぁ、いずれ先発も見たいですけど。なんて書くと欲張りな話だよなぁ。

 彼には復活して欲しいという願望こそあれど、もう諦めていたのが正直なところだったんです。昨年の様子を見ても、球威も制球力も失っていた・・・今で言うと竹下みたいな状態だったわけです。よくぞ立ち直ったな・・・と。

 秋吉はとりあえず1人でもアウトを取れてよかった。内容は相変わらず全然良くなかったですけど・・・今は勝ちパターンは杉浦・ルーキ・オンドルセクに任せて、何とか立ち直って欲しい。というか、そろそろ見たいぞ勝ちパターン。

 打線は・・・ハタケがフェンスギリギリのライトフライに鋭いショートライナーと惜しいアタリばっかりでしたね。初回の併殺はいただけないにせよ、紙一重のところで点が取れていないだけ。彼は大丈夫です。心配なのは雄平。1安打こそしていますが、三振がかなり酷いボール球を空振りしていたのが気になります。

 1番坂口は、やっぱり適性通りに配置した方がいいな、という開幕3連戦の結果を受けての配置換えでしょう。結果は正解。2安打も素晴らしいし、ジャイアンツ戦では出なかった四球も奪えました。あの調子なら、出塁率は上がってくるんじゃなでしょうか。

 9回の攻撃も、結果的に1点しか取れなかったものの、いい粘りだったと思います。バテバテの藤浪から四球2つとタイムリー。変わったマテオも制球難で雄平は四球。今浪はよく粘りましたが、ボール球結構振っちゃってたのが勿体無かったなぁ・・・見応えはありましたけど。それにしてもタイガース、抑えには苦労しそうだな。

 そんなこんなで結果よりは楽しめた一戦。次への期待の持てる一戦でした。

3/30 VSタイガース ○8-4

投手投球回失点(自責点)
○成瀬6回1(1)
ルーキ1回0(0)
杉浦1回0(0)
徳山0回1/33(3)
久古0回1/30(0)
秋吉0回1/30(0)

 連敗ストップ、初勝利!チームの勝利もさることながら、鵜久森の4年ぶりの本塁打も実にめでたいし、昨年貢献できなかった成瀬の好投も嬉しい。もっとも、先週書いた通り、成瀬のこの結果は予想通りです。成瀬は左キラーですが、タイガースの1・2番の左打者は金本政権の最大のウリで、少なくともこんなペナント序盤で右打者を起用するわけにはいかない。だからそこは封殺できる。逆に言えば深刻な一発病持ちだから、ヘイグゴメス西岡梅野の一発は怖いものの、割とジグザグ気味の打線なので、連打で攻略されることはまずない・・・という予想。しかし、成瀬は更にその予想の上を行っていました。ゴロアウトがかなり多かったですよね。投球内容についてはよくわかりませんが、モデルチェンジに成功したと考えていいんじゃないでしょうか。

 徳山は・・・インフルエンザだったんですね。本来の実力ではないということなら、まだ今後に期待は持てます。とりあえずゆっくり休んで欲しい。ただ、他の選手に伝染ってないよな!?ペレス、徳山と来て、これだけで収束してくれればいいのですが・・・相変わらずな内容の秋吉も実はインフルエンザなのでは・・・という疑問。まぁ流石にそこは正直に申告するでしょうか・・・とりあえず入れ替わりで昇格する寺田に頑張ってもらいましょう。1軍でやれる力はあると思っています。

 打線では、中村が1本塁打、1二塁打!先週は「この予想の裏切り方は素晴らしい。感服です。の裏切り方は素晴らしい。感服です。左方向の本塁打と右中間への二塁打、まぐれではないでしょう。そう思いたい。

ヤクルト・中村、"風に助けられ"1号2ラン「最高の結果になった」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 打撃に守備に大活躍だった大引・・・腰痛で登録抹消。絶好調だっただけに勿体無い。西浦も悪くはないし、これを機に更なる成長を期待するけれども、やはりなるべく早めに帰ってきて欲しいなぁ。

 そんな大引が先取点を取ってくれましたが、1回山田、3回ハタケの併殺はガッカリ。ハタケは6回に名誉挽回のタイムリーを打ってくれましたが、山田は四球四球四球・・・いやまぁ、立派な貢献なんですけども、やっぱり打点取って欲しい。

戦力外男が救った!燕、鵜久森の自身4年ぶり1号で開幕5連敗阻止 (3/4ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

「本塁打が打てる。ヒット狙いの指導はしないぞ」って、言われる選手は嬉しいよなぁ・・・打率を捨てる分、チャンスが貰えるのか不安には感じたかもしれませんが。杉村コーチは単純に技術指導力もあるでしょうけど、選手をノセるのも上手いんじゃないでしょうか。

ヤクルト・バレンティン、虎戦前の全体練習に参加し15本の柵越え - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 この人も来月中には帰ってきそう。しかしこのままペレスが2軍と考えると勿体無いなぁ・・・まぁ明日のデイビーズの出来次第では、誰が2軍でも勿体無い状況になってしまいますけど。

3/31 VSタイガース △6-6

投手投球回失点(自責点)
デイビーズ5回2(1)
村中1回0(0)
杉浦1回3(3)
ルーキ1回0(0)
オンドルセク1回0(0)
古野2回1(1)
寺田0回1/30(0)
久古0回2/30(0)

 川端の猛打賞3安打含む5出塁、山田雄平上田のマルチ・・・といい面もあったのですが、どうにも気になったのが杉浦。連打浴びた後で四球で自滅・・・今チームで最大にして唯一の懸念事項がリリーフ陣だと思いますが、秋吉に続いて杉浦もか・・・?という心配。

 現状だと、勝ちパターンは村中、ルーキ、オンドルセクが妥当でしょうか。古野はよく1失点に抑えてくれましたが、四球3つで押し出しというのは厳しい。寺田はオープン戦の様子を見てかなり期待していたのですが、今日は球威も無く、制球もイマイチ。昨年の1軍初登板ほど酷くはなかったにせよ、今後が心配になるような内容でした。久古はまぁ、左には通用するよねっていう内容。

 デイビーズは2軍では4回までしか投げられていなくて心配だったのですが、やっぱり球数多いんだなぁ・・・失点を見るとまぁ抑えてくれたかな、とも思えますけど、今のリリーフ陣を考えると、彼が先発では厳しい。ましてインフルエンザのペレスがいずれ帰ってくるとすると・・・次の登板の内容はかなり良いものでないと1軍は厳しいのかな、と思います。

 それにしてもまぁ、選手はお疲れ様でした。タイガースのマテオが一番お疲れ様でしょうか。球自体は割と平凡かなと思いましたし、先日の登板では制球もよく無かったので、出てきた時は得点期待できるかな?と思ったのですが・・・川端や山田があっさりと空振り三振しているのを見て、実は厄介な相手だったんだな、と。ちょっとトルネード気味でトリッキーですよね。

4/1 VSドラゴンズ ○4-1

投手投球回失点(自責点)
○小川9回1(1)

 ライアン小川。これぞエース、ですよね。昨日がタフな試合だったのは言うまでもありませんが、その前の2戦も結構リリーフ動員してますからね。更には無四球の完投というのがいい。

 今日は4番以降がノーヒットだったのですが、何気に西浦中村がそれぞれ2四球選んでるんですよね。それが坂口の連続タイムリーに繋がっている。これは一昨年、中村が出塁して1番山田が返していた時期を思い出したなぁ・・・ちょっと懐かしい気持ちになりました。

4/2 VSドラゴンズ ○7-1

投手投球回失点(自責点)
○石川7回1(1)
久古0回0/30(0)
杉浦0回1/30(0)
ルーキ0回2/30(0)
オンドルセク1回0(0)

 数字を見れば楽勝に見えるんですけど、あまり大喜びできないのは、またしても杉浦の内容が良くなかったから。久古が左の高橋に打たれたのもガッカリでしたが・・・やっぱり杉浦。ノーアウト満塁で大島に打たれたライトフライも、結構いい打球だったんですよね。雄平の強肩がタッチアップの抑止力になったのも幸いでした。で、その後のルーキの取った併殺。今浪のファインプレーのおかげで救われましたが、西浦なら取れていなかったかもな、とも。無論、投手力と野手の守備力を合わせてチームの守備力なんですけど、一歩間違えれば久古杉浦ルーキの3人で大炎上という結果にも成り得たんですよね。

 フジテレビONEでは解説の金村が、杉浦の出番が終わった後も長々と杉浦について喋り続けていたのが印象的。あまり内容は覚えていませんが、端的に書くと「リリーフは向いてない」だったかな。今のスワローズの一番の懸念事項であると同時に、先発の柱として期待されていた杉浦個人への心配もありますし・・・金村という解説者の凄いところは、関西ではタイガース寄り、フジONEではスワローズ寄りの解説を徹底してやっているし、そのための取材もしっかりしている。だからそれぞれのファンが気になるツボをしっかり抑えたトークができる。個人的にはNo.1と言える解説者。OBの若松や石井一も好きですけどね。古田の解説も素晴らしいですけど、年に1、2回程度しか聴けないのが残念。

 打線では相変わらず絶好調・・・というか、これが「普通」なのか?とさえ思えてしまう川端の5打数3安打(うち2本は2二塁打)。そして攻守のヒーロー、3安打2打点の今浪。1安打ではあるものの、ダメ押しの中村の二塁打、代打荒木の三塁打もいい仕事でした。

 石川は前回の汚名返上。先発が2試合連続で試合を作ってくれたのは大きい。92球・・・もう1イニングいけたかな?という気もしますが、やっぱり点差のついた状況だからこそリリーフで色々試したかったんでしょうね。

4/3 VSドラゴンズ ●2-3

投手投球回失点(自責点)
●原7回3(3)
秋吉1回1/30(0)
村中0回2/30(0)

原樹理(2016年4月3日vsドラゴンズ戦)

 原樹理に勝たせてあげたかったなぁ・・・それにしてもガックリきた姿が絵になる。夕刊フジも記事にしてましたけど。

燕ドラ1ルーキー・原樹理 打たれても絵になる男 打席入場曲も"昭和の香り" (夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

 昨季攻略できなかったネイラーから一時は逆転できたのはまぁよかったと思います。坂口がノーアウトでランナーで出た時の期待感はたまらなかったなぁ。川端・山田の連続二塁打は、流石というか、成績からくる期待通りの結果というか。逆に、9回の坂口・川端の連続三振は残念。特に坂口のあっけない三振がなぁ・・・

 中村の打撃が本当にいい感じになってきましたね。打率はまだ.167ですけど、今日は1二塁打に1犠打。前日も同じく1二塁打に1犠打。そりゃまぁ川端や山田と比べる打撃力ではありませんけど、ここ数日は8番打者として及第点・・・少なくとも昨季のどの時期よりもいいんじゃないでしょうか。

 秋吉は復活の兆しが見えてきましたね。制球はまだまだですが、球威はマシになってきたかな、と。村中は制球がイマイチではあるものの、四球で自滅するほどではないし、しっかり抑えてくれていますよね。現状、まだ勝ちパターンは固まっていませんが、最終的には抑えにオンドルセク、その前をルーキと復活した秋吉を・・・と高津コーチは考えているんじゃないかと思っています。そこにペレスも加わるかもしれませんけど。(杉浦の乱調は想定外だったろうなぁ・・・)で、そういう面々以外に村中レベルの実力者がいるとありがたいですよね。

あ ざ と い 。でも許す。

打線まとめ

スワローズ打撃成績(2016年4/4まで)

 中村は打率が低いですが、先週に限って言えば本塁打を含む20打数5安打の.250。打点はチーム2位の5!打撃は上向き。先週は失礼なことを書いてゴメンナサイ。

 試合を見ていると、どうしても川端の凄さが強く印象に残るのですが、山田の出塁率が半端じゃないんですよね。次を打つハタケの調子が上がっていないことも一因でしょうけど、逆に考えれば・・・ハタケとバレンティン、どちらかの調子だけでも上がってくれば、とんでもない打線になりますよね。いやまぁ、今のままでも充分強力ではありますけど。いっそしばらく荒木をスタメンにしてみては、って意見も一理あると思います。個人的にはハタケを見たいですけどね。バレンティンについては、ヒーローになって間もない鵜久森を落としちゃうか・・・という勿体なさを抱えながらの1軍昇格ですからね。鵜久森のモチベーションが心配です。まだ2試合しか出ていない比屋根が妥当だと思いましたが、コリジョン対策なんですかねぇ・・・

 それにしても大引の離脱が痛い。今浪も活躍しましたし、西浦とて少し長い目で成長を見届けたい気持ちはありますが、この打率、出塁率を見てしまうと・・

2軍まとめ

160404farm.png

 新垣が先週に引き続き、無四球の好投。1軍昇格争いは新垣と山中の一騎打ち状態ですが、この調子だと新垣かもしれないなぁ・・・「1軍に上がったらまたオープン戦同様の結果だろ?」っていう不安もあるのですが、館山が乱調で2軍落ちしている今、誰かを上げないといけないのが現実。下にも書きましたが、4/10に投げさせようと思うと、もう次のテストはありません。既にどちらを昇格させるか、結論はでているでしょうね。

先週の竹下
4/2 1回 無失点 与四球0
防御率 0.00

 今週は1試合だけでしたが、いまだ無失点継続中。これは1軍のリリーフの調子次第では・・・と言いたいところですが、流石に優先順位は岩橋が上でしょう。彼もまた無失点ですし。

気になる打者のここまでの成績
飯原 .368 1本塁打
谷内 .297 1本塁打 1盗塁
藤井 .294 4盗塁
廣岡 .231
山﨑 .229 3盗塁
武内 .189
以下、規定打席未到達
三輪 .211 2盗塁
川上 .206
松井 .188
原泉 .154
奥村 .130
山川 .056

 ようやく本塁打が出ました。それにしても飯原・谷内・藤井以外の成績が酷い・・・飯原は1軍に上がっても不思議ではない成績ですが、気になるのは、ずっと指名打者での出場なんですよね。ひょっとして、怪我か何かで守れない・・・?まぁ何にせよ外野のレギュラーを取るのはほぼ絶望的な中、右の代打枠への挑戦権を鵜久森と争う感じですね。

来週の展望

予想先発
4/05 成瀬 (vs野村)
4/06 寺田 (vsジョンソン)
4/07 休み
4/08 小川
4/09 石川
4/10 原

 月曜にUPしようと思っているこの記事ですが、火曜の夜になってもまだUPしていない・・・ということで、本来もっとも美味しい予想どころだった6日の先発予想ができませんでした。寺田、根拠は無いですが、最少失点でくぐり抜けてくれるのではと予想。広島戦は試合は見れないのが残念。その後のDeNA戦はニコ生で見れますけどね。

 ペレスが早く戻ってくるといいなぁ・・・4/3の決起集会にいましたけど、まだ1軍には帯同してないですよね?


古:最終回目前で輝くおっさん。2016年冬アニメ視聴録13週目(03/27〜04/02)
新:本命不在・・・2016年春アニメ視聴録(出走編)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1140

最新記事