DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

最終回目前で輝くおっさん。2016年冬アニメ視聴録13週目(03/27〜04/02)


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

アニメリスト

  1. おそ松さん (2クール目) 24話
  2. アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 11話
  3. おしえて! ギャル子ちゃん 10話
  4. だがしかし 11話
  5. ブブキ・ブランキ 11話(最終回)
  6. プリパラ 2nd season (4クール目) 88話
  7. 赤髪の白雪姫 2ndシーズン 23話

おそ松さん (2クール目) 24話

 しんみりと「続く」。次回、どういう終わり方をするのやら。かなりアバウトな噂こそ耳に入ってはいますが、まぁ真面目には終わらないでしょうし。そういう意味では少しだけ期待。

評価:☆☆

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 11話

アクティヴレイド11話の星宮はるか アクティヴレイド11話の星宮はるか&山吹凛

 とうとうミュトスに乗っ取られちゃいましたね。LikoはEDから公式サイトまでリンゴに・・・それにしても統自モロいなぁ(爆)ミュトスにいいように騙されてたのも、人数少ないダイハチにコテンパンにやられたのも。まぁ結局それもジャパンスタイルってことなんですけど。

アクティヴレイド11話の山吹陽(うなだれ) アクティヴレイド11話の山吹陽(驚き)

 陽は今回、他キャラと比べてやたら色っぽく描かれていましたよね。まだ全然割り切れていない、モヤモヤを抱えた状態。八条との会話、見たいなぁ・・・次回、あるいは2クール目にあるといいのですが。

アクティヴレイド11話の花咲里あさみ アクティヴレイド11話の花咲里あさみ(目閉じ)

 無能上司の上司は有能。1話の頃のボスは「正義じゃなくて仕事」でしたが、今回のゲリラ的な立ち振舞いはこれまでよりも正義に近いですよね。そこに思想があるわけではないにせよ、仕事への意識があさみの無能上司とはかけ離れていることは確か。淡々とはしていません。警察の中でも意識が低くて「ミュトスに上位者権限を乗っ取られる=上司が変わるようなもの」ぐらいにしか思わない人も、多分結構いると思うんですよ。その点で、ダイハチの臨機応変さ・・・まぁ協会さんの頑張りが大きいにせよ、やっぱりプロ集団なんですよね。

評価:☆☆☆☆☆

おしえて! ギャル子ちゃん 10話

おしえて!ギャル子ちゃん10話のギャル子 おしえて!ギャル子ちゃん10話の後輩

 今回は能登麻美子の擬音が妙に存在感あったなぁ。「お嬢~」ってそのまんま(爆)あと、お嬢の「くやしー」のイントネーション。男がメインの回だったせいか、そういう一発ネタで笑わせに来てましたよね。

 後輩かわいいよな。プリキュアの増子さんとか、プリパラの徳田寧々とか、落第騎士の加々美とかのマスコミ系キャラの見た目。チャラ男は罪深い奴だ・・・(爆)オタ子はオタって言うよりシモ子と言った方が正しそうなキャラですし、チャラ男と話があうのは納得。

 でもまぁ、今回一番衝撃だったのは、「スポ男」がアダ名だったということ。ということはギャル子とかも全部本名ではない・・・まぁ、だから何だって話ではありますけど(爆)

評価:☆☆☆☆

だがしかし 11話

だがしかし11話の遠藤サヤ だがしかし11話の遠藤サヤ その2

 ヨウさん格好いいなぁ。そして何というココノツのハーレム状態(爆)クソ暑そうな夏に、あの狭いダンボールの中で、なおかつ肌露出しまくりのサヤ師。ほたるさんはほたるさんで色々と汗ヤバそうですし。ギャグとキャラ萌えといい話のバランスが絶妙な傑作回だと思います。

だがしかし11話の枝垂ほたる

 つなげてみましたが・・・『ギャル子ちゃん』の時も思ったのですが、こういうシーンって単に縦長の絵を上から下に撮ってるだけじゃなくて、明るさが少しずつ変化してますよね。だから単純につなげても綺麗な絵にはならない。どうしてこうしているのかは解りませんが、視聴者が気づかないようなところにもこだわりがあるんでしょうね。

 今回のコーラガムと都昆布は知ってましたが、駅に売ってるってのは知らなかったなぁ・・・

評価:☆☆☆☆

ブブキ・ブランキ 11話

ブブキ・ブランキ11話の的場井周作

 新走と的場井のバトル。これは痺れる・・・お互い、戦う直前は悪い奴ムードバリバリ出しておいて、戦いが終わったら優しいおっさんっていうギャップ。バトルも他のキャラでは見られない迫力がありました。もう悪い的場井が見れないのは少し残念ではありますが、最終回前の最大の見せ場だったかな、と。

ブブキ・ブランキ11話の扇木乃亜 ブブキ・ブランキ11話のマクシム

 ロシアの胸糞リーダー・マクシムも手足に寝返られダウン。今回チームアメリカが登場しなかったのが妙に引っかかりますが、とりあえず炎帝・・・礼央子とのラストバトルを残すのみでしょうか。

評価:☆☆☆☆☆

プリパラ 2nd season (4クール目) 88話

 先週に引き続きあっさりと解決。後半はこれまでのライブの振り返りでした。1年の終わりがこれというのは寂しいなぁ・・・一応次回もありますけど。まぁ、1年間の大半は楽しませてもらったので、締め方こそ残念ですが、そうつまらない作品だと言うつもりはないです。ところで、ふわり、ひびき、あじみは3rd seasonも出てくるのかな?その辺、次回わかるといいな。

評価:☆☆

赤髪の白雪姫 2ndシーズン 23話

 最終回を目前にしての、まさかのミツヒデギャグ回。この作品、ゼンとミツヒデについてはこれまでもだいぶ時間を割いてきたと思いますが、やっぱミツヒデ人気が高いんでしょうかね。

赤髪の白雪姫23話の白雪 赤髪の白雪姫23話の白雪 その2 赤髪の白雪姫23話の白雪(微笑)

 白雪の笑顔ってのは何でこんなに可愛いんでしょう。というか、この索引のメインターゲットである女性層から見て白雪ってどうなんでしょうかね。オビやリュウへの接し方を見るに、男たらしの印象強いんだろうなーと漠然と想像はしていますけど。何にせよ、宮廷薬剤師への昇格おめでとう。

 海外(アメリカかな?)では白雪人気すさまじいようで。
白雪ちゃん・海外のアニメキャラ人気投票で前人未踏の記録を達成|アニメモリー

 次回はとうとう本当に最終回。3rd seasonを期待はしますが、どうなんでしょう。BDは売れてなさ気ですが、コミックスの方がいい感じに売れたようですし、絶望的とまではいかないでしょうか。
アニメ化効果は最大26.5倍!2015年夏アニメの原作コミック売上ランキングベスト5 | ほんのひきだし

おまけ:悪意のあるシーン切り取り(爆)
赤髪の白雪姫23話の白雪&ゼン

評価:☆☆☆☆☆

まとめ

評価:☆
無し

評価:☆☆
・おそ松さん
・プリパラ 2nd season

評価:☆☆☆
無し

評価:☆☆☆☆
・おしえて!ギャル子ちゃん
・だがしかし

評価:☆☆☆☆☆
・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
・ブブキ・ブランキ
・赤髪の白雪姫 2ndシーズン

 あの・・・先週は色々やろうとしすぎてたのか、積もった予定を消化することにとらわれ過ぎていたのか・・・『ブブキ・ブランキ』も『赤髪の白雪姫』もまだ最終回じゃねぇよ!(爆)『赤髪~』はニコニコのコメントか何かを見て勘違いしたんだと思いますが、『ブブキ~』に至っては感想書いてる時点では次が最終回だとは思ってなかったですからね。全部の感想書いた後で、ここを書いている時には何故か次が最終回だと思っていた。人間冷静さを失うと、こんなことにも気づかないのか・・・と、ちょっと怖くなりました(;´Д`)まぁ多分、季節の変わり目の体調不良が思考力に悪影響を及ぼしてたのかな、と。ただ、そのおかげで、春アニメは何本か気になってたアニメを切る踏ん切りはつきました。

 で、来週は『ギャル子ちゃん』以外の作品が一気に最終回を迎えます。今度こそ本当に(爆)そのせいか、ストーリーアニメ3本が五つ星。

CHARACTER OF THE WEEK

的場井周作(津田健次郎)

 あちちちち。津田健次郎の芝居が神がかってました。『だがしかし』のヨウさんも良かったですけどね。おっさんがいい味出してた週でした。

ブブキ・ブランキ ショルダートート
コスパ (2016-03-26)
売り上げランキング: 1,131,325

古:Trefle、茅原実里、『はいふり』キャラソン他、2016/04/06頃発売のアニソンCD新譜
新:復活の村中と、初勝利と、絵になる男・原樹理。スワローズ応燕録2016[3/29-4/3]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1141

最新記事

Powered By 画RSS