DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

今、アニメは北陸と東北が熱い。2016年春アニメ視聴録2週目[04/10-04/16]


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

アニメリスト

  1. ばくおん!! 2話
  2. ふらいんぐうぃっち 1話
  3. くまみこ 1話
  4. クロムクロ 2話
  5. プリパラ 3rd season (5クール目) 90話
  6. ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 1話

ばくおん!! 2話

視聴メディア:BS11(録画)

 凛の過去がわかったり、羽音がようやく免許が取れたり、凛が部室に入り浸ったり?、チキンレースしたりと色々ありましたけど、あとは羽音がバイクを買えば一通りストーリーのベースが出来上がるのかな。

 今回本格的に登場した聖。『けいおん!』のムギとか『ギャル子ちゃん』のお嬢みたいに、メインキャラではあるけども基本皆を眺めながら絡むタイプなのか、それともガッツリ輪の中に入っていくタイプなのか、どっちになるのかな?

 最後の止め絵(ハーモニー効果)で西村監督作品なんだということを実感。まぁ、見えないものは見えずとも聴こえないことは聴こえるので、『グラスリップ』に通じなくもないのですが(爆)しかしながらバイ太の声、聴こえる人には聴こえるんだなぁ・・・あのシーンちょっと良かったな。

評価:☆☆☆☆

ふらいんぐうぃっち 1話

視聴メディア:ニコニコ動画

 これほどまでにゆったりとした作品だったか・・・普段刺激の多いアニメを避けている僕にも刺激が足りないと思うことがあるのか、と。

 今のところ、人間のキャラで知っている声優は三上枝織だけ。ああいう声も使えるんだなぁ・・・と意外に思ったりもしましたが、それにしてもほとんど新人ばかりの本作を見て、いかに普段、自分が声優の声というものを楽しみにしていたかというのを思い知らされます。真琴は可愛いし、魔女の秘密云々の話は少し笑えたし、全くつまらないということはない・・・次回も見てみようとは思いましたが、声も話の進み方も、「馴染み」というものがない。ベッタベタな前提知識に頼りまくりの作品も嫌ですけど、こういうのもなぁ。まぁ・・・見続けるかどうかは次回の判断になるかな。

評価:☆☆☆

くまみこ 1話

視聴メディア:ニコニコ動画

籾殻(くまみこ1話)

 いやー・・・これほどのギャグアニメだったとは。単なる説明からしてシュール。

 石上静香目当てで見てみたものの、想像以上の面白さ。警察の場面とか、良夫の紙芝居とか多少の中だるみはありましたが、それは1話特有の空気感づくりでしょうし、次回以降は更に期待してしまいます。

 まち役の日岡なつみの声も初めて聴きましたが聴いてて心地良い声質ですね。伊藤かな恵とか金元寿子みたいになれる逸材。・・・そういや、二人のかわいい少女役も久々にアニメで聴きたいなぁ。新人に譲るべき役どころなんでしょうけど。

 どうでもいいですけど、ナツとまちでナツまち・・・『あの夏で待ってる』の略称かな?

ナツ&まち(くまみこED) ナツ&まち(くまみこED)2

 ED映像が好きだなぁ・・・SFC時代のRPG風。『このすば』とか後述の『ネトゲの嫁~』とかよりは、僕はこっちの世代・・・でもないか。ファミコンと同じ年に生まれて、ゲーム機の進化と一緒に育っていたけど、大学行ってた頃には周りの友人は皆MMORPGやってたからなぁ。僕にとってのゲームがコンシューマのオフラインゲームで止まっているということ。まぁソシャゲはやってますけども。

評価:☆☆☆☆☆

クロムクロ 2話

視聴メディア:BS11(録画)

 スクリーンショットを撮れないのが残念でならない。由希奈のふくれた表情がどれも凄くいいんですよね。由希奈を見るアニメだ、と言うと極端ではありますけど、あながち間違いでもないと思います。背景とか3Dもビジュアル的に凄くいいですけどもね。

 3Dアクションも素晴らしい。ウマでの逃避行?はUSJのアトラクションみたいでカメラワークが素晴らしかった。どうでもいいですけど、アーティファクト見て「KUROBAKO」ってのが頭をよぎったのは僕だけではないですよね(爆)まぁ、どちらかと言えば「AKABAKO」な気もしますけど。そういう点でもニコニコでコメント流しながら見れたらなーという思いがあります。

 あえて比較しますが、『ブブキ・ブランキ』の3Dが、3D屋さんが2Dに追いつこうとした結果だとするなら、『クロムクロ』の3Dは2D屋さんが3Dに得意分野を任せた結果。前者はやはりまだ実験映像的で、アニメの国内製作のコストの問題の解決に繋がることではありますから、今後に期待はしたいけれども、単に映像作品として比較すれば後者の圧勝。いずれにせよ、社長が福井出身のサンジゲン、富山が誇るP.A.WORKS...どっちも応援したいぞ。

評価:☆☆☆☆☆

プリパラ 3rd season (5クール目) 90話

視聴メディア:ニコニコ動画

 3rdシーズンの第1話ということで、そらみ、ドレパ、アロマゲのライブ勢揃い。・・・前回もそうでしたが、ライブが複数ある回は退屈ですね。新キャラのちりは活躍というよりは1話目の世界観の説明に使われた感じ。それにしても、チームワークの話してるそばからソロ曲を歌うシオン(爆)

 サラッとらぁらの家の2階にプリチケが届く描写がありましたが・・・やっぱり新キャラの○○のんのどれかはのんなんでしょうか。ひらがなが続くと何が何やらですけど(爆)

評価:☆☆

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 1話

視聴メディア:ニコニコ動画

 ネトゲの中のシーンは、なんか『このすば』を思い出しました。作画というか、絵の色温度がちょっと温かめだったのもありますが、あの緩さ。緩さと言っても見ていてまったりするタイプのものではなく、単にグダグダというか。

 ただ、リアルに話が戻ると、少し食いつけたかな。てきとーに見てたので、シュバインが茜ってのがわかって「あっ、そうなの!?」って妙にビックリしてしまいました。マトモに見てりゃバレバレな展開なんでしょうけども。

 この話だけを見れば、あまり面白いとは思わなかったし、キャラクターにもあまり魅力は感じませんでした。アコはかわいいけども、かわいい以上の感情は沸かなかったなぁ。次回見て、継続視聴するかどうか判断しようと思います。

評価:☆☆☆

まとめ

評価:☆
無し

評価:☆☆
・プリパラ 3rd season

評価:☆☆☆
・ふらいんぐうぃっち
・ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

評価:☆☆☆☆
・ばくおん!!

評価:☆☆☆☆☆
・くまみこ
・クロムクロ

 割れましたねー。『ふらいんぐうぃっち』と『ネトゲの嫁~』が少し期待はずれでしたが、『くまみこ』が今後かなり楽しみ。『プリパラ』はまぁ、新学期の導入回と考えれば、まぁあんなもんでしょう。

 タイトルにも書きましたが、『ふらいんぐうぃっち』と『くまみこ』が東北(青森とどこか)。『クロムクロ』が北陸(富山)。あまり町おこし的な売り方を作品内に持ち込んでいませんよね。がっついていない。地方の町の日常の空気感が出てて好感が持てます。まぁ・・・『くまみこ』はド田舎ギャグなので村おこしどころの話ではないのですが。村人仲良くないらしいですし(爆)

 まぁ、面白さとはまた別ですよ。地方の空気感の描写だけなら『グラスリップ』だって素晴らしかった。でもその程度のことはストーリーひとつで台無しになってしまう。あくまでフィールドはメインを立てるための空間ですからね。

TVアニメ「 くまみこ 」エンディングテーマ「 KUMAMIKO DANCING 」
雨宿まち(CV:日岡なつみ) クマ井ナツ(CV:安元洋貴) 日岡なつみ 安元洋貴
メディアファクトリー (2016-05-25)
売り上げランキング: 179
アニメ「ふらいんぐうぃっち」 エンディング・テーマ 日常の魔法
木幡真琴(CV篠田みなみ) & 倉本千夏(CV鈴木絵理)
バップ (2016-04-27)
売り上げランキング: 925

古:落ち着いた爽やかさのスフィアと、勢いのi☆Ris。2016/04/20頃発売のアニソンCD新譜
新:ばくおんOP!くまみこOP!Aqours!2016/04/27頃発売のアニソンCD新譜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1146

最新記事

Powered By 画RSS