DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

プリパラ3年間のテンプレがブチ壊れる瞬間。2017年冬アニメ視聴録9週目[02/26-03/04]


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

視聴アニメリスト

  1. 政宗くんのリベンジ 8話
  2. BanG Dream! 6話
  3. チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 8話
  4. プリパラ 3rd season 135話
  5. スクールガールストライカーズ Animation Channel 9話

はじめに

 順番は配信/放送日順です。評価は☆の数で5段階評価。

政宗くんのリベンジ 8話

視聴メディア:dアニメストア

 いやはや、このアニメでああいう展開になるか・・・!ここまで散々安達垣さんとの掛け合いを楽しんできた身としては、凄まじい不意打ち。演出が素晴らしかったですよね、BGMとかも。これまで何の魅力も感じてこなかった藤ノ宮寧子に滅茶苦茶グラッときたぞ!しかしまぁ政宗よくあそこで踏みとどまるなぁ・・・『クズの本懐』はこのレベルを遥かに凌駕しているようですが、でも解ってて見るのと、いつものラブコメ期待して見て不意打ち食らうのとでは衝撃が違うだろうなぁ・・・いやまぁ見てない作品と比較してもしょうがないのは間違いないです。

評価:☆☆☆☆☆

BanG Dream! 6話

視聴メディア:BS11

 毎回書いてますが・・・沙綾まだ引っ張るのか!ここまで来たらもう今クールのラスボスにしていいんじゃないかな。沙綾を陥落させることをこの冬の最終目的にしてしまう、と。どうせ2クール以降やるでしょう、ストーリー展開的にもブシロードの気合の入り様を見ても。

 ラブライブ見てた時も似たようなことを思ったんですけど、次回沙綾を怒らせたとしても、OPやED映像見れば楽しそうにドラム叩いてるわけで、何やっても空虚さは拭えないですよね。どうせ仲間になる。極めつけは武道館ライブのCMですよ。この段階で既にビッグコンテンツ然とし過ぎているから、リアルのバンドリとポピパにサクセスストーリーがない。「流れ」にドラマ性がないんです。

 『けいおん!』は最初、「桜高軽音部」だったんです。「放課後ティータイム」じゃなかった。その後、あずにゃんが加わった。大ヒットののち、横浜アリーナでライブをし、豊郷にはファンが集い、GLAYに対バンしたいと言わしめ・・・他にも掘り下げれば出てくるでしょう。何にせよアニメ本編の外にドラマがあった。当時のファンはそういう作品のサクセスストーリーをリアルタイムで楽しんでいましたよね。『ラブライブ!』はバンドリ同様人集めのストーリーが長かったにも関わらずOPではメンバー全員集合していましたが、一応「START:DASH!!」は3人でしたし、小さな雑誌企画から紅白出場や東京ドーム公演できるまでに至った流れはやはりサクセスストーリーそのもの。『バンドリ』は・・・本編であれだけ最初の一歩を丁寧に描いておきながら、リアル展開で台無しですよ。アニメ放送前からアニサマ出場、アニメ放送中には既に武道館公演決定。でも本編は地道。この過保護感にセンスの無さを感じずにはいられません。

 ・・・まぁそういう粗がある一方で、本編だけを見れば決してつまらないアニメではないです。展開が遅いかな、とは思いますけどね。「きらきら星」も1話や2話でやってたなら叩かれなかったでしょ。

評価:☆☆☆

チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 8話

視聴メディア:BS11

 闇堕ちユーリ、命までは取らないあたりは堕ちるところまで堕ちきってはいないのかな・・・?それにしても、ユーリにカインが生きてることを伝えていたらどういう反応を示したんでしょう。

評価:☆☆☆

プリパラ 3rd season 135話

視聴メディア:ニコニコ動画

 やればできるじゃねぇか!まさかの4連続メイキングドラマ・・・3年間続けたテンプレを、この準決勝でブチ壊したトリコロール!曲中曲後の客席やらぁらの反応も説得力を増す要因になっていました。これは凄い・・・と思う一方で、「いやこれ勝てないでしょ」とやっぱり思っちゃいました。スタッフ側の思惑通り。「それでも勝つだろうけど、しょっぱい話になるんだろうな」と。それが、まさかの原点回帰&客席との一体感で攻めてきた。ふつーのライブとして考えれば正攻法だけど、プリパラの中では斬新。いやまぁそれでもまだ演出不足かなとも思いましたが、これまでの退屈さを考えれば合格点をあげたいです。

 でも序盤は正直、今更トリコロールを強敵扱いか?って思いましたよ。あれだけうっちゃりを持ち上げといて、うっちゃりに勝った後もそんなに大した反応してなかったのに、今更・・・って。回と回の繋ぎはやっぱり悪いですよね。ただ、今週これだけハードル上げたんだから、来週はもっとブッ飛んだ凄みのある決勝戦に相応しい展開を期待します。

評価:☆☆☆☆

スクールガールストライカーズ Animation Channel 9話

視聴メディア:dアニメストア

 降神あから、あっさり陥落の巻。勝負の後でみんなが感動してたのは、流石に安っぽいなぁと感じてしまいました。その安っぽさが気軽に見れる要因でもあるんですけどもね。

 今更の疑問なんですけど、椿芽は学校行ってないのに何で制服着てるんでしょう。今回なんて最初私服来てたのに、他の4人が帰ってきたらわざわざ制服に着替えてましたし(爆)

評価:☆☆

まとめ

 政宗くんとプリパラが盛り上がってきました。そうか、気づけば今期ももう残り1ヶ月きってるんだなぁ・・・遅く始まったバンドリはどこで区切るんでしょうかね。

CHARACTER OF THE WEEK
藤ノ宮寧子(CV:三森すずこ)

 してやられました。あんなエrシリアスシーンをぶち込んでくるとは・・・


古:バンドリの「こぎ着けた感」がいい。2017年冬アニメ視聴録8週目[02/19-02/25]
新:いよいよ佳境?2017年冬アニメ視聴録10週目[03/05-03/11]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1201

最新記事

Powered By 画RSS