DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

ガッカリ政宗と胸熱チェンクロ。2017年冬アニメ視聴録13週目[03/26-04/01]


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

視聴アニメリスト

  1. 政宗くんのリベンジ 12話 (最終回)
  2. BanG Dream! 9話
  3. チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 12話 (最終回)
  4. プリパラ 3rd season 139話
  5. スクールガールストライカーズ Animation Channel 13話 (最終回)

はじめに

 順番は配信/放送日順です。評価は☆の数で5段階評価。

政宗くんのリベンジ 12話 (最終回)

視聴メディア:dアニメストア

 いやいやいやいやいや。そんな終わり方はダメでしょ!原作があるアニメだからと言って・・・安達垣さんとの関係にあまり変化が無かったのは別にいい。ストーリー進行に関係のないカラオケもかまわない。問題は兼次との勝負について一切触れなかったこと。誰の目に見ても明らかに決着はついているから、ということか・・・?後日の兼次に、安達垣さんへの執着が全く見られなかったことから、そんな風にも考えられますが・・・そんなに簡単に諦められる立場じゃなかったよな?

 全話トータルで考えれば、この作品にはかなり楽しませてもらいました。今期No.1かもしれません。バンドリが平凡に終わればNo.1です。ただ、最後の最後にケチをつけざるをえなかったのは残念。売上的にも2期は期待できないでしょう。世に出るのが遅すぎたのかなぁ・・・10年くらい前ならもっとヒットしてる作品だったと思います。OP主題歌だって、以前なら1万枚以上は軽く売れそうなポテンシャルは感じました。ただこの曲、初動こそ低調でしたが2週目以降順調に売上を伸ばし、初動の倍以上の売上になっているんですよね。正直ホッとしました。まだ、いい曲ならCDにお金を出してくれる人がいる時代だということです。まぁ、CDが売れることがいいんじゃなくて、活躍・・・世間の評価が一番わかりやすいのが現状ではCD売上。それにとってかわれる指標が出てくるといいんですけどね。難しいよな。

評価:☆

BanG Dream! 9話

視聴メディア:BS11

 Roselia登場するも・・・そういう扱い?てっきりかなりの実力派だと思っていたのですが・・・歌ってくれなかったことも、どういう失敗をしたのか分からなかったことも残念。まぁ最近、遠藤ゆりかが気になっていたので、リサが唯一おいしい出番を貰えたのでよしとします。

 そんな残念をはらみつつも、話は全体的には良かったと思います。最後のオーディションで、香澄が歌が上手くなかったのもポイント。トントン拍子のサクセス・ストーリーにするつもりはないらしい(それを武道館公演という事実が台無しにするわけですが・・・)。

評価:☆☆☆☆

チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 12話 (最終回)

視聴メディア:BS11

 最後はいい着地をしてくれたと思います。ユーリ戦でカインやミシディアが助けに来たのが一番ほっとなシーンでした。ベタな展開ではあるけれども、スッキリとした気分で視聴を終えることができました。王道っていいよね。ただ・・・少し残念だったのは、ユーリが闇堕ちしたことについて仲間に何も語らなかったことと、何よりもエイレヌス。このキャラだけは最初から最後まで、何故黒の軍勢の幹部として存在しているのか明らかにならなかったんですよね。しかもシュザにやられる・・・ブルクハルトしかり黒の王しかり、最期の時には正気に戻っていたのですが、エイレヌスだけは何もわからないまま、何も救われること無く、半分黒いシュザに討たれてしまったわけです。まぁ名前でググったら、その辺も明らかになりましたけども。

 この作品については、最初から最後まで微妙な評価しか出すことができなかったのですが、つまらなくはなかったんですよ。間違いなく。ただ、キャラが多かったこともあってか、やはりキャラへの愛着は湧きづらかったし、それと同時にストーリーの抑揚もあまり無かったかな、という印象を持ちました。詰め込み過ぎちゃいましたね。

 主題歌に関してはNo.1だったと思います。EDの東山奈央には元々期待していましたが、OPのナノが滅茶苦茶格好よかった。素晴らしかったです。

飲~~~み代が~~~(;´Д`)♪

評価:☆☆☆☆

プリパラ 3rd season 139話

視聴メディア:ニコニコ動画

 友達の力を借りて女神復活・・・いい話だと思うのですが、いい話だからこそ決勝のダメダメっぷりが余計に際立ってしまう。本来なら感動的なシーンでも、そのことがどうしても頭をチラついてしまう。困ったものです。

評価:☆☆☆☆

スクールガールストライカーズ Animation Channel 13話 (最終回)

視聴メディア:dアニメストア

 最後まで見たからこそ書きますが・・・最初から最後までイマイチ盛り上がりきらなかったですね。降神三姉妹が洗脳されたと思いきやアッサリ元に戻ったり・・・まぁそこは大きな問題ではないのですが、大きな問題があった方がまだ語れたかもしれません。ラノベスタイルRPGの呼び名のごとく、実にライトウェイトな作品でした。

評価:☆☆

まとめ

 3作が最終回。これまで無難な評価が続いていたチェンクロが一番いい最終回で、これまで賞賛してきた政宗くんが最悪の最終回だったのが意外というか。次回はプリパラも最終回かな?この作品は期待すると大抵裏切られるので、ほどほどに楽しみにしておきます。

CHARACTER OF THE WEEK
カイン(CV:豊永利行)&ミシディア(CV:今井麻美)&マリナ(CV:内田彩)

 いいところで助けに来てくれた、ユーリと最も親しかった仲間たち。グッときました。マリナも実は強かったんだな・・・

古:夏川椎菜ソロデビュー!水瀬いのり、Aqours他 2017/04/05頃発売のアニソンCD新譜
新:今の豊崎愛生なら広江礼威の台詞回しが映える映える!2017年春アニメ視聴録1週目[04/02-04/08]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1206

最新記事

Powered By 画RSS