DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

古賀葵はあなどれない。2017年夏アニメ視聴録8週目[08/20-08/26]


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

視聴アニメリスト

  1. 天使の3P! 6話
  2. ナイツ&マジック 8話
  3. 異世界食堂 8話
  4. サクラクエスト 21話
  5. Re:CREATORS 19話

はじめに

 順番は配信/放送日順です。評価は☆の数で5段階評価。

天使の3P! 6話

視聴メディア:dアニメストア

 そら・・・古賀葵について、ED曲を全然そらの声で歌ってなかったり、そもそもポーカーフェイス系のキャラということで力量を低く評価していましたが、どうやら考えを改めねばならないようです。泣きの芝居というのは派手ですから、「声優すげー」って評価につながりやすいのですが、まぁ実際凄く良かったと思います。秋アニメの『つうかあ』も楽しみ。

 このアニメ、作画がいい・・・と言うよりは、すごくギラついてますよね。『サクラクエスト』(というか最近のP.A.Works)は「このキャラかわいいな」と思ってスクリーンショット撮ったら地味な絵だった・・・ということが多いんです。絵にテカりがなくて、キャラデザはともかく着色ではオタクに媚びていない。それでもキャラに魅力はしっかりあるから凄いのですが、逆にこの『天使の3P!』はもうコテコテ。最初からオタク以外眼中にない、悪い言い方をすれば、世間から悪く見られがちな作品。つい撮っちゃいましたが、この美少女ぶり。もうロリコンを落とすこと以外何も考えて無さそうな、そういう作画。・・・そういうの、嫌いじゃないけどな(爆)

tenshi-no-3p-6-sora.png

 希美のイギリス行き決断の理由は、こないだのクラスでのライブ宣伝と同様?に、意図的に描写しなかったんでしょうかね。潤・そらと一緒に考えて出した答えであることは間違いないし、あるいは引き止めてくれない周りへの反抗心も合ったのかも知れないけれど、響が見れない部分はなるべく視聴者にも見せないようにしているように思います。

 何気にライアンさんの声がヴィナイ・マーシー。『サクラクエスト』のサンダルさんの人。まぁほとんど喋らなかったですけど(爆)

評価:☆☆☆☆☆

ナイツ&マジック 8話

視聴メディア:dアニメストア

 エルくん、気づかれる。それにしても、エルくんが自分だけの最強のシルエットナイトを作ろうとしている事に対し、誰も危険視してなさそうなのが逆に違和感。そりゃまぁ子供で、極めて純粋な趣味人というのは事実。完成しても悪い使い方はしないでしょうよ。でもそれは視聴者だから思えること。ここでエルくんを怪しんで接近した新キャラがあっさり懐柔...とかいうエピソード、あってもいいんじゃないかな。

 それにしても、アルディラッドカンバー・・・エドガー先輩もご満悦。いつぞやの銅牙騎士団の団長にこの機体でリベンジして欲しいところですけど、期待はできないかなぁ・・・

評価:☆☆☆

異世界食堂 8話

視聴メディア:dアニメストア

 ハンバーグとクッキーアソート。なんか今回はメニューもストーリーも地味でしたね。相変わらずアレッタはかわいいのですが...

評価:☆☆☆

サクラクエスト 21話

視聴メディア:ニコニコ動画

 エリカ、家出する。それと同時に、いよいよもって町おこし最大の壁にぶつかった感じですね。シャッター街、普通に暮らせているんですよね。まぁ僕も今週来週とかなり仕事で苦しんでいますが、働かなくても食っていけるなら、そりゃ働かないでしょう。年をとっていれば尚の事そうだろうと思います。で、そんなバイタリティのない人達とどう向き合って、シャッターを上げさせるのか。

 エリカみたいな地元アンチは全国どこにでもいると思うんですよね。僕の姉も友人もそうだった。というか、そういうマインドで東京に向かったら、月日が流れてもそういうマインドのまんまですよ。大体は。僕は特に嫌いでもない福井を出て、金沢→京都と少しずつ発達した都市に住んで、なおかつ忙しさのために京都の都会らしさをあまり享受することなく帰ってきたので、感じる「違い」ってのはこないだ書いた公共交通機関の差ぐらい。東京行ってたらまた違ってたのかなぁ・・・

評価:☆☆☆

Re:CREATORS 19話

視聴メディア:BS11

 アリステリア、セレジア、カロン散る。「主人公」というテーマを感じる回で、ようやく瑠偉が頑張りましたね。カロンへの説教は、その前に散ったアリステリアをフォローする言葉でもあったと思います。それにしても、ギガスマキナは結局全力でのバトルを一度も見せられないまま損傷。邪魔をしてしまったセレジアが結果的にけじめをつけたかたち。セレジア、いいキャラだったけれど、かわいそうなキャラでしたね。「主人公か否か」というテーマの中で、アリステリアはアルタイルから、セレジアは作品の外にいる監督から「否」という判定を突きつけられてしまった。それにしても、もうちょっとエピソード欲しかったなぁ・・・

 アリステリアは何とも哀しい負け方をしましたけど、以前まがねと何を話していたのか・・・ひょっとしたら、アルタイルに致命的なダメージを負わせるとすればアリステリアの意志を汲み取ったまがねなのかもしれませんね。今回、作者が席を外して泣いてるシーンが一番心に残りました。そうだよなぁ・・・キャラクター自体が自分の子供みたいなもんだし、他の作品・・・ですらない二次創作のキャラにバカにされまくったあげくやられたわけで、一つ一つのデカいショックが何重にも重なっている感じ。自分の意志で退場したセレジアとはそこが違う。だからこそ・・・先述の瑠偉の言葉は誰にも届かなかったかもしれないけれど、カロンを否定することで、主人公らしく振る舞い、結果的には散ったアリステリアを慰めるものになっているわけです。まぁでも、アリスちゃんの遺したものが何なのか、それが鍵になりそう。

評価:☆☆☆☆

あとがき

 今週は仕事で精神的に結構キツくて、来週はその精神的キツさをカバーするために肉体的なキツさも出てくるだろうなぁ・・・アニメも週末にイッキ見になるかもしれない。配信の遅かった『天使の3P!』はともかく、特に最終回の近い『レクリエイターズ』は心落ち着いた状態で見たいんですけどね・・・まぁ来週を乗り切れば、といったところです。嗚呼、連休が欲しい。

CHARACTER OF THE WEEK
金城そら(古賀葵)

 瑠偉と迷いましたが・・・より心を揺さぶられたのはそらだったかな。どちらも意外な活躍ぶりでした。

古:福井出身の女性声優、間野山に並び立つ。2017年夏アニメ視聴録7週目[08/13-08/19]
新:さらばeverying。2017/09/06頃発売のアニソンCD新譜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1233

最新記事

Powered By 画RSS