声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

遠藤ゆりか引退ライブ映像化/円盤化を巡る顛末のまとめ


更新
カテゴリ: [声優>遠藤ゆりか][雑報]

これはドラマだ・・・!

 この記事で語ることは、おそらくは広く知れ渡ることは無く、時の流れと共に埋もれていくであろうこと・・・けれど、語り継がれるべき声優とファン達の熱い物語です。

遠藤ゆりかって何者?

 遠藤ゆりかは声優/アーティストとして活躍し、代表作は『BanG Dream!』のバンドRoseliaのメンバー今井リサ、『天使の3P!』紅葉谷希美・・・他には『アニメで分かる心療内科』で官越あすなを演じるなどしていましたが、2017年12月に引退を発表し、2018年6月1日のファイナルライブ「Emotional Daybreak」をもって引退しました。理由は体調不良が重なったため、とされています。

 彼女の名前については、その引退発表がニュースになった時に知った人もいるでしょうし、Roseliaのベーシストとして知っていた人も多いのではないでしょうか。そう、彼女は声優でありながらバンドメンバーとしてベースも弾いていて、『天使の3P!』でもベーシスト役でした。

事の顛末 ~アンケート、映像化、署名、そして円盤化へ~

 彼女は引退発表からも、出演作のリアルイベントや自身のニコ生など精力的に活動を続けていました。そしてRoseliaとしての最後のライブに出演した翌日、5月15日に、6月1日に控えた自身のソロアーティスト活動を締めくくるファイナルライブについて、以下のツイートをしました。

 ファイナルライブの2週間前の時点では、映像化の話など全くの白紙だったということです。人気声優の引退ライブなのに・・・?と考える人もいるでしょうが、彼女の場合、体調不良もあってか順調な音楽活動ができたとは言いづらく、Roseliaの人気は凄まじかったものの、2017年4月のRoseliaのデビューシングルとほぼ同時期に発売された自身の3rdシングル(補足:名曲です)がヒットしなかった過去もあります。そんなこともあってか、2018年時点での彼女の人気については、ファンもレーベルも事務所も、もちろん本人も・・・誰も把握などできていなかったのでしょう。それは無理もないことです。結果、ライブ会場の収容人数も、CDの生産枚数も、人気の読み違えからおとなしい数字となり、悲しい思いをする人々が続出しました。ええ、自分もそうですとも。

 以下はアルバムのリリースイベントがあった5月26日の夜のツイート。

 このツイートには、1000人超の熱いリプライが集まりました。全くの余談ですが、ライブチケットを取れなかった大鋼がリリースイベントの帰りの新幹線でこのツイートを見てノックアウトされたのは言うまでもありません。この優しさは、ライブに行けない人間に「自分のために動いてくれている・・・!」と錯覚させるやつです。燃えない訳がない。

 そして以下がファイナルライブ前夜、5月31日のツイート。

 これをドラマと呼ばずして何と呼ぶのでしょう。彼女がファンを煽った結果、5月26日のツイートに、普段はコメントなんてしないような人間までが熱い想いをぶつけました。その想いに事務所が、レーベルが呼応したのです。熱い、実に熱い。

 2つ目のツイートを見ると、やはり多少なりとも自信を喪失して引退の道を選んだのか・・・と察してしまいます。そんな中での彼女の勇気。「言ってみるもんだ」とは言うけれど、そう誰にでもできることではありません。

 その後、ファイナルライブは6月1日に無事に終了し、その場でライブ映像がdアニメストアにて配信されることが発表されました。そして3日後の6月4日、遠藤ゆりかはtwitter上で最後のあいさつを残し、表舞台から去りました。

 しかし、まだこのドラマは終わりでは無かったのです。その1日後、彼女のファンの1人が1つの企画を立ち上げました。

 映像化までは遠藤ゆりか自身の尽力によって果たされ、そこから先はファンがバトンを受け取り、円盤化を実現させる・・・もしこれが達成されたなら、何と熱い、何とエモいドラマでしょう。

 dアニメストアでの配信はいつか終了してしまう。そしてdアニメストアは海外から視聴することはできません。このままでは、海外のファンはライブ映像を見ることができないのです。もちろん誰もが自分が見たいために円盤化を望むにせよ、そんな悲劇がない方がいいと思うのも自然なことです。

 単に署名を集めて嘆願書として渡すだけではなく、彼は水面下で事務所とやりとりをしていたようで、6月25日には内容にかなり踏み込んだツイートをしています。これは署名活動に精を出していた人達からすればかなりの朗報だったのではないでしょうか。(他人事のように書いていますが、大鋼はガッツポーズしましたよ)

 6月25日には最終目標を3000人に設定。ちなみに彼は海外出張中の様子。お疲れ様です。

 7月3日 20時の時点で署名の数は2679人。ここから約2週間でどこまで伸びるのかはわかりませんが、目標の3000人を達成して欲しい。この数字はすなわち熱意。引退していった遠藤ゆりかへの励ましにもなるのでは、と思います。

 結果については、この記事に後日追記するなり、別途記事を書くなりして報告したいと思っています。ここまで読んでくれた貴方も、署名と拡散を協力していただけると非常にありがたい。

こんなノリで、助けてやってください!
17号

遠藤ゆりかさんのファイナルライブ「Emotional Daybreak」の映像ディスク化を実現させましょう!!

おまけ1:署名の方法

 以下はPCで署名する場合ですが、スマホでも手順は変わらないかと思います。コメントについては熱い思いを書いてくれている人もいるし、そうでない人もいます。外国人の方も多いです。ちなみに、マルコPやふとんちゃんといった、かつて遠藤ゆりかと共に仕事をしていた人達もコメントを残した上で署名してくれています。なお、賛同ボタンの下に書かれているとおり、アカウントが作成され、メルマガが配信されるようになります。オタク的な署名活動はそうそうないので、サクッと配信解除してしまうのがオススメです。それと念のためですが、1人1回、本名で署名をお願いしますね。

change_pc.png

おまけ2:署名の安全性と退会方法

 署名サイトである「Change.org」、ビル・ゲイツなどが出資している米国企業で、日本では「レスリングをオリンピック競技として存続させよう」署名を成功させた実績のあるサイトですが、検索するとどうにも怪しいサイトであるとの情報が結構出てきます。名簿を売ってるとか退会できないとか・・・こんな情報を見てしまえば尻込みしてしまう人も多いはずです。一方で、日本代表の以下のような発言も存在します。

このブログでは、Change.orgはユーザーの同意があれば個人情報を広告主に提供していると書かれており、この記述について、Change.org日本代表のハリス鈴木絵美さんは、「間違ってはいない」としたが、「ユーザーの判断なしに個人情報を第3者に共有することはしたことがない」と強調。

個人情報を販売していた時期は2013年から2015年で、わずか数件だけだという。キャンペーンの広告主に親和性を感じたユーザーの同意の上で情報を提供していた。2016年からはビジネスモデルを変えて、「個人会費と広告費だけで売上を立てている」(ハリス鈴木絵美さん)。

署名サイトChange.org、「メアドの無断販売していない」 | オルタナS

 あんまり不安がる必要はないんじゃないかな?と、個人的には思います。噂も古いものが多いですし、問題の時期でさえ、あくまで同意の上で個人情報を販売していた、とのこと。世のネット通販同様に情報管理されているんじゃないでしょうか。心配なら、署名活動終了後に退会しましょう。なお、退会できないという噂については「できた」という報告が存在します。以下のURLのリンク先に書かれた手順で退会するとよいかと思います。ただ、退会(アカウントの削除)は署名活動の結果が出てからにしましょう!せっかく署名したのに無効になってしまいます。

※急募Change.orgの退会方法を教えてください - ここを参考に... - Yahoo!知恵袋

 なお、大鋼はfacebookアカウントを使って署名しました。この場合、おそらくfacebook側でも後始末が必要です。実際に退会したわけではないのですが、以下の画面で関連付けを外すことができるかと思います。

change-facebook.png

おまけ3:ライブの内容について

 ニュースサイトのライブレポート記事が2つありまして、『こえぽた』は写真の数が素晴らしく、一方の『リスアニ!WEB』は須永兼次氏による血湧き肉躍る、極めて熱いレポートになっています。読んでいるだけで身体が熱くなってくるので、是非是非最初の方だけでも読んでみてください。タイトルからして「史上最高のファンとのぶつかり合い」ですからね。

遠藤ゆりかの最高にエモいファイナルライブが開催!『YURIKA ENDO FINAL LIVE-Emotional Daybreak-』 - 声優ニュース|こえぽた

ファイナルにして、史上最高のファンとのぶつかり合いが生んだ熱気と興奮。"遠藤ゆりか「YURIKA ENDO FINAL LIVE-Emotional Daybreak-」"レポート - リスアニ!WEB

 それから、遠藤ゆりかの最初で最後のライブ映像の円盤化というだけでなく、『天使の3P!』の楽曲のライブ映像の円盤化としても最初で最後のチャンスになります。あのアニメ、声優に楽器を練習させて、ライブまでさせておいて、その映像を残さなかったんですよね、勿体無いことに(笑)。このライブではソロで「楔」と「Brand new Stage」、「Hail to reason」、「HOWLING」を熱唱。特に「HOWLING」はベースを演奏しながらの歌唱。貴重な映像になることは間違いありません。

古:バンドリに感じるもどかしさ・・・ダリフラ、三森すずこ他 2018/06/27頃発売のアニソンCD新譜
新:高垣彩陽クラシカルコンサートCD、ハグプリ、シャニマス他 2018/07/4頃発売のアニソンCD新譜

最新記事