声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

around the world[move]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

スポンサーリンク
更新
カテゴリ: [1990’s作品[アーティスト>move][1990’s作品>頭文字D]
タグ: [1998年] [作曲:t-kimura] [作詞:motsu] [編曲:t-kimura]

収録CD

頭文字Dのベストアルバムがオススメです。
この曲を収録したアルバムは本当に多いですが、オリジナルバージョンは少ない・・・

頭文字D BEST SONG COLLECTION 1998-2004
REWIND~singles collection+~(CCCD)

背景

TVアニメ「頭文字D」1st オープニング・テーマ。

スポンサーリンク

データ

歌手: move
作詞: motsu
作曲: t-kimura
編曲: t-kimura

レビュー

この頃のyuriと今のyuriは一緒くたにできません。
頭文字D 1st stageの「around the world」と、
6年後に発売された4th stageの「DOG FIGHT」とでは
歌唱力が格段に違う。上手くなってます。
じゃあ、この頃のyuriを否定するのかというと、そうでもない。

頭文字Dというと、挿入歌として流れるユーロビートの印象が強いですが、
そんなアニメの主題歌は、意外にスロー。
このOP映像を見ていると、なんか「良き深夜アニメ」の臭いがします。
最近の深夜アニメは、深夜にやる必然性がないものも多いですよね。
「頭文字D」は青年誌のマンガ。
内容ももちろんですが、深夜に放送されて然るべきアニメだったんだと思います。
ただし、それは「アダルト」ではなく「ヤング」です。

このアニメ、話の内容が結構青臭いところがあって、(作者曰く「青春ドラマ」でしたっけ)
特に初期の頃はそれが顕著。
それ故に、先述のyuriのまだ完璧じゃないヴォーカルが映える映える。
歌詞もそう。motsuのラップ部もまた映える映える。
「ノンキな奴にラリアート3回!」とか(笑)

「infomation 秒速で伝わる時代 でもchoiceの仕方がわからない」
なんてのは、あれからもうすぐ10年だというのに、時代は変わっちゃいないですね。

処方箋(個人差があります(´ー`))

車の中で聴く曲じゃないですね。どちらかというと、ドライブ前日とか。
聴いてて元気になるわけでなく、落ち着けるわけでなく、
ただ、聴いててウンザリする曲ではないと思うので、
iPodとかで音楽聴くなら、プレイリストに紛れ込ませておきましょう。

どうでもいい余談

拓海となつきによるカバー版も存在します。コテコテのアニメ声に最初は違和感を感じるものの、
冷静に聴いてみると、そっちの方が唄は上手かったりして・・・

試聴

Neowing

歌詞

around the world move - 歌詞タイム

カラオケ選曲No.(2007/10/14時点)

DAM: 5707-10
JOY: 20105
UGA: 1894-35

古:「エアーマンが倒せない」がカラオケ配信されるのね
新:マジンガーZ[水木一郎]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

最新記事