DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

虹のBRACE[エクリップス]のレビューと歌詞、カラオケ配信状況

2009年09月17日 08:20 更新                  
カテゴリ: [2000’s作品][エクリップス][バスカッシュ!][中島愛][戸松遥][早見沙織]

タグ: [][][][][]

虹のBRACEとは

TVアニメ「バスカッシュ!」登場アイドルユニット・エクリップスの
アルバム「アイドル・アタック」第1曲。
スフィア・・・?

データ

歌手: エクリップス(戸松遥、中島愛、早見沙織)
作詞: YUMIKO
作曲: DY-T
編曲: Funta7
ギター: 藤澤健至
発売日: 2009/09/16

レビュー

 エクリップスのデビューアルバム「アイドル・アタック」の第一曲。なるほど、アイドルらしい明るくて爽やかで、前向きな曲。いわゆる応援ソング。ルージュこと戸松遥も参加してるアイドルユニット「スフィア」がいかにも歌ってそうな曲調(イントロのギターのフレーズがFuture StreamのAメロの「大胆に~」っぽいのもありますけど)。あとは、ガンダムSEED等での玉置成実。このテの曲は2000年代では氾濫していて、個性を見出すのが難しいですね。

 このテの曲にしては、ややバスドラムが重くて、どっしりしてます。この辺がバスカッシュのチームを組む彼女ららしい。リズミカルだということもエクリップスの楽曲の重要な要素の一つですよね。編曲はFunta7。「moon passport」よりも、やっぱりこういうアレンジが十八番なんでしょうね。

 作曲はDY-T。この曲の作詞も務めるYUMIKOと野中勇希、野村真生の3人による音楽制作ユニット。アニソンは、『ひぐらしのなく頃に解』でいくつかの作曲/編曲を担当しています。「耳と心に残る音楽づくり。良質な音楽づくり。」がモットーだとか。

 これまでのシングルで見せてきたエクリップスの魅力は、リズミカルでメロディアスで、今時珍しい、SF的でシリアスなキャラクターソングであったということでした。
 この曲は、作中でのアイドルであるという設定に則った、コテコテの今風の声優アイドルソング(Aice5もこんな感じでしたっけ)。これまで存分に楽しめた三者三様の個性も、この曲ではあまり感じられません。可愛く演じてみても、魂はこもらない・・・けど、アイドルってそういうもんだよな。・・・と思うと、この曲はある意味、アイドルユニット・エクリップスとしてのリアリティを保った貴重な曲なのかも。アルバムも全体を聴けば、やっぱりシリアスで格好いいもんな(笑)

 こういう応援ソングをエクリップスが歌うということに、意義がある。シリアス路線とのギャップ。アイドルソングとしては埋もれているかもしれないけれど、エクリップスソングとしてはオンリーワン。「二人の約束」のジャケットで、シリアスというか、むしろ生々しい姿まで見せたりもしましたけど(爆)、
「たまにはこういう曲も歌うんだから!」というメッセージにも思えてしまうから面白い。

Amazonのレビューもどうぞ。

アイドル・アタック(初回限定盤) (DVD付)
エクリップス Rouge starring 戸松遥 Citron starring 中島愛 Violette starring 早見沙織
ポニーキャニオン (2009-09-16)
売り上げランキング: 38028

歌詞

エクリップス(戸松遥/中島愛/早見沙織)/歌詞:虹のBRACE/うたまっぷ歌詞無料検索

カラオケ選曲No.(2011/03/22時点)

DAM: 未配信
JOY: 未配信
UGA: 未配信

   

最新記事