DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り  

DAIMONZI-Xアニソン年間大賞2020

2021年04月11日 15:32 更新                  
カテゴリ: [2020’s作品][アニソンレビュー]

タグ: [][][]

目次

  1. ノミネート作品リスト
  2. 新人賞
  3. 優秀賞
  4. DAIMONZI-Xアニソン年間大賞 (今ここ)
  5. あとがき

DAIMONZI-Xアニソン年間大賞

大鋼が選んだ2020年No.1アニソンはお前だ!

四宮かぐや (CV.古賀葵)
答え合わせ

『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳~』キャラクターソング。

 滅茶苦茶ムーディーな楽曲に、滅茶苦茶ウェットな歌唱。古賀葵の歌が、決して上手いとは言えない。言えないんだけれども、きっとかぐやの歌って、こんな感じ。あるいは、きっとこうだと思わせてしまう古賀葵の引力。こういう能力は、専業シンガーは無論のこと、声優だって誰もが持ち合わせているというわけではありません。稀有ですよ、間違いなく。

 この曲を聴いていてつくづく思うのは、やっぱり、いいキャラクターソングって、キャラクターそのものなんです。キャラクターの内外面を、エピソードで縛らず表現することができる。さらに言えば・・・(ライブに行くなら別として)音楽鑑賞というのは、基本的には歌手の表現をリスナーが真正面から受け止める行為です。この曲は、かぐやの白銀への恋心を包み隠さず告白する曲。それは、どうしようもなく健気でかわいいものです。そんなものを真正面から受け止めてしまえば、第三者であるはずの自分を、あたかも当事者と錯覚させ、好意を抱いてしまう。

 ここで勘違いしてはいけないのは、この好意はキャラクターではなくキャラクターソングに対してのものだということです。この曲を歌うということが、四宮かぐやの人生の中にエピソードとして存在しないからです。イメージソングは架空の音楽。覗けるはずのない内面を覗き見るけれど、覗き見たはずの内面の持ち主は別の次元を生きているのです。

「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」キャラクターソング01 四宮かぐや(古賀 葵)(通常盤)(Amazon.co.jp)

あとがき

 2020年序盤は前年からキャラソンリリースを続けていた『アズールレーン』のキャラソンばかり聴いていました。優秀賞に選出した11曲のうち、実に4曲。これほど良質なキャラソンが揃ったアニメは、8年前・・・2012年は『織田信奈の野望』以来。そして、終盤は『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』。この作品の挿入歌たちも素晴らしかった。アズレンとニジガクのキャラソン力の高さがとにかく目立った年でした。そして、そんな2作を差し置いて大賞に選出した、かぐや様の「答え合わせ」。この曲が最たるところですが、曲、詞、歌唱の3つがキャラクターの個性としっかり向き合っているキャラクターソングは、もう何物にも勝るキャラクターの魅力の結晶です。優れた絵師による美麗なイラストですらそれには及ばない。

 ただ、そういうキャラソン的に突出した作品はありましたが、2019年でいう「お願いマッスル」のような優れた主題歌というのは無かったですし、そもそも良いと感じた楽曲数自体が例年より少なかったです。冒頭でも書いたように、歴史的不作の年だったのは間違いないです。そんな中で良曲を連発した2作品には拍手を贈りたい。

 次元を超えたアイドルユニットブームから一呼吸置いて、業界がようやく個性への回帰を始めたかなという印象の年でした。これが流れになって欲しい。ニジガクは「唯一無二」ではなく「先駆者」と呼ばれなければならない。個人的には、非アイドルアニメのキャラソンに復権して欲しいですね。

   

固定ページ: 1 2 3

カテゴリ: [2020’s作品][アニソンレビュー]
タグ: [][][]