DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

花咲くいろは 第24話「ラスボスは四十万スイ」感想

2011年09月20日 01:01 更新                  
カテゴリ: [2010’s作品][アニメレビュー][花咲くいろは]

ネタバレ抜きの序論

 このアニメの裏主役が立ち上がった・・・!

本編感想

 あれ?波子は?ひょっとして、とっくにフられてたとか?(爆)

花咲くいろは第24話の孝ちゃん

 それで終わり!?という気もしないでもありませんが、ぼんぼり祭りに来ると約束したので、まだ2人の関係に続きがありそうです。

花咲くいろは第24話のみんち
花咲くいろは第24話のみんち「流れ包丁鉄平!」
花咲くいろは第24話の「流れ包丁鉄平」
花咲くいろは第24話の「流れ包丁鉄平」2

 「流れ包丁鉄平」の元ネタって「包丁人味平」ですよね(爆)

原作:美布二郎→ビーフ二郎→牛次郎
作画:大城錠次→ビッグ城錠次→ビッグ錠
・・・と、名前もズバリ。作中で言えば美布二郎が次郎丸。じろう繋がり・・・うまいこと考えるよなぁ(爆)それにしても、次郎丸は31歳。包丁人味平の連載期間は1973~1977年。あくまで味平ではなく流れ包丁鉄平ではありますが、この画風・・・2000年代は無論のこと、90年代でもだいぶ無理があるけどなぁ(爆)

花咲くいろは第24話の緒花

 ここにきて「空気を読めない緒花」の真骨頂発揮ですね。しかしまぁ、エニシングと従業員を解放してやろという女将の気遣いは、エゴですよねぇ・・・あの年で、なおかつ結婚までして、今更昔諦めたことをやれるとでも思っているんでしょうか。崇子と結婚したのは、2人で旅館経営に人生を賭ける覚悟をしたということ。今回のエニシングは、もう前回までの情けない姿が影を潜めて、遅い遅い反抗期に突入した。そりゃまぁ、今回の件は増長で、その反動が心配だとは思いますけど、人間、1度成功体験を得るというのは大きなことですからね。

 ぼんぼり祭りの準備放棄はまぁダメだと思いますけど、墓参りしながら女将が言ってた「働くことに夢中だったあの頃の賑わい」ってのが今まさにきているところ。エニシングは「わからせる」を有言実行して欲しい。それが世代交代を意味し、勢いが冷静さを圧倒する瞬間。

今回の結名・・・出番なし!(爆)
代わりにしげこが登場するものの、組合のボス的な存在で、やっぱり特別な意見を持つ存在ではないですかね・・・湯ノ鷺No.1旅館の女将の威厳が見たかったですけど、流石にここから存在感を発揮するとも思えないなぁ・・・

10月のぼんぼり祭り、岸田メルのサインを貰うにはBD1巻の特典が必要ですよー。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
花咲くいろは 1 [Blu-ray]

posted with amazlet at 11.09.04
ポニーキャニオン (2011-07-20)
売り上げランキング: 984
   

最新記事