DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

スフィアとMay'n、上り坂と下り坂のクロス・ポイントとなるのか?グラフで見るオリコンウィークリー[2011/03/28付]

2011年03月22日 18:45 更新                  
カテゴリ: [CD売上]

お題

[徹底分析1]スフィアは自己初動記録更新。
[徹底分析2]May'nの次の新曲から感じる本気。
・こんな時に売上の勢いを増すまどかマギカ、恐るべし・・・
・ももいろクローバー、これほどの超初動型は珍しい・・・
・堀江由衣が3週間ぶりに復活。いい曲はロングセラーになるのだ。
・来週発売予定だったアニソン系CDは全て延期。
・今週いなくなったCD。

アニメソングアルバム売上分析

supercell 3.44万枚 3位
スフィア 1.61万枚 8位
旧譜:May'n 0.10万枚 累計2.58万枚 85位

[徹底分析1]
 スフィアは8位。初動15000~20000枚くらいと予想し、的中したのに妙に哀しい。聴いてみて、あまりにも内容がよかったからです。15ヶ月前の1stアルバム「A.T.M.O.S.P.H.E.R.E」の初動に約6,300枚の上乗せ。5ヶ月前の最新シングル「MOON SIGNAL」の初動には約2,700枚の上乗せ。もちろん自身の初動記録更新。スフィアの過去のCDの初動と累計を比較すると、累計はほぼ初動の150%の数字。今回は16,000×1.5で24,000枚くらいに落ち着く見込み。MOON SIGNALの累計が約2.32万枚ですから、右肩上がりの成長を続けられるかは微妙なライン。初動は熱心なファンの数とほぼイコールですが、2週目以降に買うのは比較的ドライな層。震災の影響で、被災地の人達は無論のこと、全国的に出費を抑える傾向になるんじゃないかと、ちょっと心配です。表題曲の「Spring is here」は、こういう時だからこそ聴きたい曲なんですけどね・・・

[徹底分析2]
 May'nは4週目で粘ってます。この調子だと、累計でスフィアから逃げきりそうですね。マクロスFのアルバムが売れてますし、その影響もあるかもしれません。ただ、以前から書いている通り、CDを出すごとに売上が落ちていることには変わりありません。このCDがMay'nにとって、マクロスFの影響を受ける最後のCDになります。・・・ただ、次のシングル「Scarlet Ballet」
は春アニメの中ではかなり期待されている部類の『緋弾のアリア』のOP。更に作曲は浅倉大介。この嫌な流れを変えよう、という気合がかなり感じます。

 ただ、今春タイアップに恵まれているのはスフィアも同様。新曲Hazyは昨年『AngelBeats!』で注目を集めたP.A.Worksの『花咲くいろは』のED。くしくも、発売日は同じ5月11日。水を得た上り坂のスフィアと、下り坂に歯止めをかける切り札を投入するMay'n。これは俄然面白い対決になりそうですね。

アニソンシングル売上分析

アニメソングオリコンウィークリーグラフ(2011/03/28付)

 シングルは新譜は無しです。それ故に見所も少ないのですが、『魔法少女まどか☆マギカ』のOP、ClariSが歌う「コネクト」が累計5万枚を突破しました。実は先週より、売上も順位も上がっています。この日本の現状で、発売から何週も経過しているというのに、まだ勢いを増すというのは・・・このアニメの怪物ぶりを物語っています。ちなみに、EDを歌うKalafinaも順位を上げています。

 先週、初動で2.5万枚を売り上げたももいろクローバーは39位。順位はそこそこですが、売上は大激減。田村ゆかりとかも2週目弱かったりしますが、これほどの超初動型も珍しいですね。

 堀江由衣が3週間ぶりに復活。今週は全体的に売上が低かったので、地道に売れ続けていたほっちゃんの順位が上がってきた形ですね。いい曲じゃなければ、こうはなりません。

 来週はシングルもアルバムも発売が予定されていたアニソン系CDは全て延期。新譜は無しです。

 今週100位圏内から脱落したのは、SCANDAL、ランカ・リー=中島愛、milktub、麻生夏子、m.o.v.eの5組。お疲れ様でした。

インモラリスト(通常盤)
堀江由衣
King Records =music= (2011-02-02)
売り上げランキング: 924

関連リンク:オリコンランキング情報サービス「you大樹」

   
カテゴリ: [CD売上]