DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り  

今井麻美アルバムが売れても喜べないジレンマ。グラフで見るオリコンウィークリー[2012/12/24付]

2012年12月26日 01:28 更新                  
カテゴリ: [CD売上]

タグ: []

お題

・豊崎愛生、再浮上?
・今週の大台突破。
・水樹奈々は惜しくも初動10万に届かず
・今井麻美ブランドを壊すべきではない。

アニソンオリコンウィークリーグラフTOP50(2012/12/24付)

アニソンオリコンウィークリーグラフTOP51-100(2012/12/24付)
アニソンオリコンウィークリーグラフTOP101-140(2012/12/24付)
アニソンオリコンウィークリーグラフTOP141-200(2012/12/24付)

クリックで原寸表示します。

アニメソングシングル売上分析

 今週の新譜は3枚。9nineの『となりの怪物くん』ED「White Wishes」と、『To LOVEる ダークネス』キャラソンをララ(戸松遥)ナナ(伊藤かな恵)がそれぞれ出しています。

 To LOVEるキャラソンは先週のモモ(豊崎愛生)、金色の闇(福圓美里)も含めてほぼ互角の結果になりました。売上はモモ>ナナ>ララ>金色の闇の順で、モモだけが唯一900枚を超えています(ナナはグラフ作成の都合上、四捨五入されていますが900枚未満です)。これを書いている時点で既に次週を迎えている(遅筆・・・)のですが、豊崎愛生はソロでの新曲「オリオンとスパンコール」も初動が好調。昨年秋以来右肩下がりが続いていましたが、ようやく再浮上の目が出てきましたね。

今週の主な大台突破。

CD 枚数(5000枚単位) 登場回数
シド 45000 4
ゴールデンイクシオンボンバーDT 35000 6
EGOIST 25000 2
ZAQ 25000 8
春奈るな 25000 3

ロングセラーランキング。戸松遥の「ユメセカイ」が20週で脱落。桃黒亭一門も脱落。お疲れ様でした。

CD 登場回数
ももいろクローバーZ(猛烈宇宙交響曲) 41
LiSA 19
ClariS(ルミナス) 10
ナノ 10

主なアニメソングアルバム売上分析

アーティスト 今週(万枚) 累計(万枚) 順位
水樹奈々 9.66 - 2位
うたプリ シャッフルユニットCD 藍&真斗&翔 1.53 - 12位
MaxBoys(細谷佳正+増田俊樹) 0.29 - 52位
Aimer 0.27 - 53位
fripSide 0.26 1.24 55位
THE IDOLM@STER STATION!!! Amazing grace 0.21 - 68位
南條愛乃 0.16 - 83位
ヒャダイン 0.15 1.23 88位
うたプリ シャッフルユニットCD 蘭丸&セシル 0.10 1.62 119位
銀河へキックオフ!! キャラソンアルバム アイドル編 0.09 - 125位
坂本真綾 0.09 2.77 135位
イナズマオールスターズ 0.08 0.56 147位
黒子のバスケDRAMA THEATER 2 0.07 2.14 175位
EGOIST 0.06 4.63 183位
うたプリ シャッフルユニットCD 嶺二&音也 0.04 1.92 236位
アイマス ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 05 0.04 2.09 273位
機動戦士ガンダムAGE THE BEST 0.04 1.21 278位
JAM Project 0.03 0.87 292位
今井麻美 0.03 0.50 294位

 水樹奈々のアルバムが惜しくも初動10万枚に届かず。とは言え、「IMPACT EXCITER」(9.33万枚)を超えて初動の自己記録を更新。こうなると、「THE MUSEUM II」で作った累計12.90万枚の記録更新も期待できますね。

 3週目の今井麻美のアルバムは約5000枚。これは2ndシングル「Strawberry 〜甘くせつない涙〜」の約5200枚以来2度目。5000枚を超えたのは、実に3年ぶりになります。前回のアルバム以来、ミンゴスの人気が上がる要因はあったかな・・・と考えたのですが、実は今回、「初回限定盤」と「通常盤」には付属しているライブ音源CDが「BD付き数量限定盤」には付属していないんですよね。なので、BD付きと通常盤の2バージョンを購入した人が多かったんだと思います。この商法は、正直セコいですね。もっと違う方法で利益を上げることはできないのでしょうか。

 今井麻美の歌が好きな身としては、やっぱりCDは売れて欲しいです。少なくとも、CDが売れず音楽活動ができなくなるよりはいい・・・しかし、内容に重複のある商品を2つも買わせようというのはファンをバカにしています。「AKBとかよりマシじゃないか」って意見もあると思いますが、程度の問題よりも、そういう商法を他所がやってるからといって追随するのは、今井麻美と+Aが築きあげてきた温かみのあるブランドイメージを破壊することです。それならまだ「カンパをお願いします」と言って直接現金のやり取りをする方がマシです。

 マンガ雑誌に広告を載せたり、YouTubeで全曲試聴できるようにしたり、PRを頑張ってきたことは知っています。CDの内容が素晴らしいことも知っています。それだけに余計に哀しい。次もこういうことがあれば何らかのアクションを起こさなければ、と考えていますが、MusicVideoの配信なども含めて、適切な音楽の売り方をちゃんと検討して欲しいですね。それは濱田Pよりも上役の人間の役割なんだろうと思いますが・・・

 個人的には、特典なんて廃止して、DVDにせよBDにせよ、ライブ音源CDにせよバラ売りすればいいと思うんですけどね。何か問題があるんでしょうか。

関連リンク:オリコンランキング情報サービス「you大樹」

   
カテゴリ: [CD売上]
タグ: []