DAIMONZI-X

声優/アニソンレビュー&CDデータ語り

『だがしかし』を他人に勧めたきゃ、この絵を見せればいい。2016年冬アニメ視聴録12週目(03/20〜03/26)


更新
カテゴリ: [アニメレビュー]

アニメリスト

  1. おそ松さん (2クール目) 23話
  2. アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 10話
  3. おしえて! ギャル子ちゃん 9話
  4. だがしかし 10話
  5. ブブキ・ブランキ 10話
  6. プリパラ 2nd season (4クール目) 87話
  7. 赤髪の白雪姫 2ndシーズン 22話

おそ松さん (2クール目) 23話

 ストーブの灯油入れるの面倒くさいのは、気持ち凄い解ります(爆)僕は寒い中外に出るのも灯油を運ぶために往復するのも嫌なので、自室の暖房はエアコンしか使ってませんし。家族はファンヒーター使ってる中、僕だけ。おかげで寒いですけども(爆)

評価:☆☆☆

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 10話

アクティヴレイド10話の山吹陽 アクティヴレイド10話の山吹凛

 八条逮捕、ダイハチ解散、おろちの「ろ」・・・かなり動いた回でしたね。それにしても怪しい奴に惚れやすい姉妹。稲城は黒騎の幼なじみということが発覚して、やっぱりいい奴なのかな~と思わなくもない。もう色々振り回され過ぎです、自分(爆)

 ところで、ハイジャックの件とおろちの「ろ」の関連がイマイチ理解できてないのは僕だけでしょうか。関係ない場所で事件を起こして場所を探るってのがよく解らない。教えて偉い人!

アクティヴレイド10話のミュトス、エミリー、偽家族の姉 アクティヴレイド10話の偽りのエミリー アクティヴレイド10話のミュトス

 幼女はエミリーという名前だったのかな?「偽りのエミリー」、冒頭の回想・・・この辺の謎は後々のお楽しみですかね。それにしても1枚目のエミリーの悪い顔がジワジワ来る(爆)

 ミュトスは毎日あのビルを1階ずつ登って暮らす部屋を変えてたんですね・・・日替わり家族よりそっちのがビックリですよ。あの暗い部屋も毎回違ってたのかな?

アクティヴレイド10話の花咲里あさみ(怒) アクティヴレイド10話の花咲里あさみ(呆然) アクティヴレイド10話の花咲里あさみ(泣) アクティヴレイド10話の花咲里あさみ(推理)

 ダイハチにすっかり馴染んでいたあさみ、1話の「ある意味スパイだ」が虚しい・・・でも、英語言いながら直談判に行ったあたりは、本来のカタブツぶったあさみと、情に流された丸いあさみがうまく混ざり合ったいいシーンでした。ええ娘や・・・でも泣いた後の逆襲、次回以降の活躍に期待。

評価:☆☆☆☆☆

おしえて! ギャル子ちゃん 9話

おしえて!ギャル子ちゃん9話のオタ子&ギャル子 おしえて!ギャル子ちゃん9話のお嬢 おしえて!ギャル子ちゃん9話のギャル子(昔) おしえて!ギャル子ちゃん9話のギャル子(笑顔)

 今回は話はまぁ普通だったかなーと思いますけど、ギャル子がやたら表情豊かだったなぁ。あと、オタ子の「手作りお弁当」のイントネーションが妙に気になった(爆)

 お嬢何気に下ネタの知識はあるのね。声質的に、お嬢役の高橋未奈美はナレーションの能登麻美子と近いものがあって「ドヤーン」とかの効果音?がやたらしっくり来るんですよね。品のある声から繰り出される下ネタの破壊力はデカい。

評価:☆☆☆

だがしかし 10話

dagashi10-sayashi.jpg dagashi10-sayashi2.jpg dagashi10-sayashi3.jpg dagashi10-sayashi4.jpg

 サヤ師にバブみを感じる。いい母親になりそう。どうでもいいですけど、「○○は俺の嫁」って言葉があるのなら「○○は俺の母」ってのが流行っても不思議はなさそう。まぁ俺嫁はもちろんバブみも既に廃れている気もしますけど。

dagashi10-hotaru.jpg dagashi10-hotaru2.jpg

 この駄菓子キャラが一堂に会する絵は、この作品の象徴ですよね。他人にこのアニメを勧めたい時には、OPのシーンか、あるいはこのシーンを見せればいい。なかなか無いんですけどね、ごく短時間で興味を引いてもらえそうなシーンのあるアニメって。なのでこの回はかなり貴重だと思います。

 モロッコフルーツヨーグルも粉末飲料も、多分見たことないかなぁ。焼肉さん太郎はこないだ食べました。なるほど噛みちぎりづらい。長時間楽しめる駄菓子というわけですね。キャベツ太郎は名前でパスしてます(爆)

評価:☆☆☆☆

ブブキ・ブランキ 10話

ブブキ・ブランキ10話の間絶美 ブブキ・ブランキ10話の新走宗也

 とうとう宝島に到着し、盛り上がってきました。新走はここ数話いいキャラになってましたが、そういや元々は「WAAAAO!」でしたもんね(爆)絶美の礼央子呼び捨てとか、新走と的場井の意味深な振る舞いとか、あちらは色々隠してたところがあらわになり、内部変化していきそう。秋人くんが今回出てこなかったのは残念。

ブブキ・ブランキ10話の一希汀 ブブキ・ブランキ10話の扇木乃亜

 宝島について汀に助けられた後しばらくの東は全然喋らなくて不気味だったなぁ・・・そしてあの独特の落ち着きが汀にもある。心臓使いの宿命なのか、単なる遺伝なのか・・・。人の話を聴かないのは遺伝でしょうけど(爆)

 クライマックスを目前にして、急にカップリング作り始めたあたりは、新人監督の余裕の無さかなぁ・・・ダメとまでは言いませんが、もっとじっくり仕込んで欲しかった気持ちもあります。

ブブキ・ブランキ10話のエピゾ・エヴァンス

 エピゾは転がってきた心臓を前にゴクリしてましたが、使っちゃうのかな。コミカルさ以上に心意気に魅力のあるキャラだと思っているので、ここは自分の心臓を何とかしてほしいけどな・・・

評価:☆☆☆

プリパラ 2nd season (4クール目) 87話

 ご都合主義を全否定するつもりは毛頭ない・・・みれぃの記憶が戻るのはいい。ライブで皆の記憶が戻るのもいい。ただ、それでシステムが直るのは違うでしょ!そもそもの話、システムの問題で記憶が消えるってプリパラの世界怖すぎじゃないですか(爆)考えても正解はありませんが、多分現実に戻っても記憶は戻らないし、現実に戻ること自体を忘れている可能性が・・・なんか、楽しい夢の世界だけど実は滅茶苦茶ヤバいってのは劇場版『ドラえもん』の世界に近いですよね。

 今回の引き・・・EDの入り方は1期2期合わせて一番良かったんじゃないかな。今回の話が面白いとは思いませんでしたが、次回への期待は持たせてくれました。

評価:☆☆

赤髪の白雪姫 2ndシーズン 22話

赤髪の白雪姫22話の木々 赤髪の白雪姫22話の木々(過去)

 最終回を目前にしての怒涛の木々プッシュ。まぁ、1期も2期の中盤までもほとんど空気だったので、何も無いよりは全然いいんですけど。過去の木々のアクセサリー、さつまいもかな?(爆)

赤髪の白雪姫22話のイザナ

 イザナ。完全にゼンで遊んでるよな、この人・・・ゲーム感覚でゼンの成長を見守っているというか。まぁそうなっているのも無事タンバルンから帰還したから。以前はもっと威圧感の塊みたいな人間でしたよね。「どうせ無理だろ」と冷めた気持ちでゼンを試していたのが、ゼンが苦難を乗り越えるたびにワクワクに変わり、今はもう「どう突破してくれるだろう」って感じに。この態度の軟化は、いよいよもってこのアニメが終わろうとしてるんだなぁ・・・と実感させてくれます。

赤髪の白雪姫22話の白雪(スプーン) 赤髪の白雪姫22話の白雪(微笑み) 赤髪の白雪姫22話の白雪の手 赤髪の白雪姫22話の白雪(横顔)

 白雪の手ってキレイだよな。まぁ汚く描く方が断然難しいでしょうけど、なんかこういうキレイな手の作画って好きなんですよ。現実にはあり得ない清潔さ。非現実的と言えば顔や胸の方が目立ちますが、手はそれらより主張が激しくない分、余計に好感が持てるのです。

 次回はいよいよ最終回。どう終わらせてくれるのか楽しみ。できれば、最後にもう一度凛々しい白雪を見てみたいかな。イザナの目の前で、ゼンと一緒に。

評価:☆☆☆☆☆

まとめ

評価:☆
無し

評価:☆☆
・プリパラ 2nd season

評価:☆☆☆
・おそ松さん
・おしえて!ギャル子ちゃん
・ブブキ・ブランキ

評価:☆☆☆☆
・だがしかし

評価:☆☆☆☆☆
・アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
・赤髪の白雪姫 2ndシーズン

 いよいよ次週は『ブブキ・ブランキ』、『赤髪の白雪姫』が最終回。まぁ『ブブキ~』はやはり続編が決定しているようですが、ひとまずの区切りはしっかり楽しませて欲しいかな。

 『ギャル子ちゃん』は2週連続で普通だったなぁ・・・つまらなくはないけれども、これまでを考えると少し寂しくもあります。『プリパラ』も2週連続でガッカリ。1年間の集大成とはとても呼べない内容。メイン・ターゲットの少女たちは納得できてるのかな?

 『アクティヴレイド』は一気に展開が進みました。中盤までの懐古展開はどこへやら、クライマックスまっただ中って感じで、いいですね!

CHARACTER OF THE WEEK

花咲里あさみ(小澤亜李)

 サヤ師と迷いましたが彼女で。クールであろうとする熱血・・・と見せかけて実は完全に情が移っちゃっていたという。久々に英語が聴けて良かった。あの涙は次回以降の活躍のフラグだと思いたい。

サントラに収録されてる神明天夢(小澤亜李)の劇中歌は単品でMP3のDL配信もやっている模様。

ミナクル☆ラッキー
ミナクル☆ラッキー
posted with amazlet at 16.03.29
FlyingDog (2016-03-23)
売り上げランキング: 2,960

古:3連敗が何だっての!スワローズ応燕録2016[3/25-3/27]
新:Trefle、茅原実里、『はいふり』キャラソン他、2016/04/06頃発売のアニソンCD新譜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://daimonzi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1137

最新記事

Powered By 画RSS